2017.05.11.
<シンポジウム>「日EU・EPA/FTAシンポジウム」[6/24]


 世界的な自由貿易協定が模索される中、EUとアメリカの間で結ばれようとしていたTTIP(大西洋横断貿易投資パートナーシップ)は停止状態に陥り、トランプ大統領の米国離脱宣言によってアジア太平洋地域で合意されたTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)も暗礁に乗り上げています。
 しかし、日EU・EPA/FTA交渉は多くの困難をはらみつつも、粘り強い交渉の結果、締結される見通しが出てきました。
 このシンポジウムでは、基調講演に日=EU交渉の日本側代表として従事されている明田ゆかり氏をお招きするほか、日EU・EPA/FTAが日本企業、日本経済にどのような影響を与えるかについて、JETRO(日本貿易振興機構)の田中晋氏に特別講演をしていただきます。またパネルディスカッションおよびQ&Aセッションにおいて、とくに関西地域と日EU・EPA/FTAとの関係を中心に議論を深めていきます。

 どなたでもご参加いただけます。参加費無料、予約不要。詳細は下記のリンク、添付ファイルをご覧ください。


■日時:6月24日(土) 15:00~17:40

■場所・開催地:関西学院大学大阪梅田キャンパス 1004教室

■備考:一般参加可、参加費無料、予約不要。
    このイベントは日・EUフレンドシップウィーク講演会を兼ねています。

■主催:関西学院大学産業研究所

■協力:独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)

■お問い合わせ:関西学院大学産業研究所
        TEL 0798-54-6127

「日EU・EPA/FTAシンポジウム」 [ 176.93KB ]PDFリンク