2017.04.17.
<講演会>「規範パワーEUの行方―危機の真っ只中でEUのアイデンティティについて考える」[5/27]

 産業研究所では、講師に新潟国際情報大学国際学部の臼井陽一郎教授をお迎えして、
講演会「規範パワーEUの行方―危機の真っ只中でEUのアイデンティティについて考える」を開催いたします。

 EUは国家間の戦争を放棄し、ノーベル平和賞も受賞しました。しかし、他方で域内では巨大な格差をもたらし、デモクラシーを損なう失敗プロジェクトだともみられています。
 EUがヨーロッパ統合の名のもとに実現しようとしてきたことは、根本的に間違いであったのでしょうか。別の見方も可能なのでしょうか。かつて一世を風靡した『規範パワー論」を参考に、危機にあってなお規範のパワーたろうとするEU諸国の集合的政治意思の持続性について考えてみます。
 どなたでもご参加いただけます。参加費無料、申込み手続不要。詳細は下記のリンク、添付ファイルをご覧ください。

■日時:5月27日 (土) 15時 10分  ~  16時 40分

■場所・開催地:関西学院大学図書館ホール

■講 師:臼井 陽一郎氏(新潟国際情報大学国際学部教授)

■参加費:無料、申込み手続不要、一般参加可

■主 催:関西学院大学産業研究所

■問い合わせ先:関西学院大学産業研究所 TEL:0798-54-6127

規範パワーEUの行方危機の真っ只中でEUのアイデンティティについて考える[5/27] [ 382.73KB ]PDFリンク