2016.10.05.
<講演会>英国のEU離脱決定は正当か無意味かー親EU派の英国人の視点ー[10/29]

 産業研究所では、経済学部客員教授のフランシス・ローリンソン先生を講師に
産業研究所講演会「英国のEU離脱決定は正当か無意味かー親EU派の英国人の視点ー」
を開催いたします。

 英国は長年EUの中心的位置に立つことはありませんでした。そのような中でキャメロン首相は、EU離脱か残留かを問う国民投票を実施しました。その背景や、離脱を選択した有権者の動機には何があったのでしょうか。今後離脱はどのように行われ、イギリス、EUにどのような政治的、経済的影響を及ぼすのでしょうか。そしてこの国民投票の教訓とは?
 欧州委員会に35年間勤務したイギリス出身のローリンソン先生に、英国のEU離脱について解説していただきます。
 ※一般参加可 申込み手続不要 無料

■日時: 10月29日 (土) 13:00~15:00

■場所・開催地:関西学院大学図書館ホール

■講 師 : フランシス・ローリンソン 氏 (関西学院大学経済学部客員教授)

■問い合わせ先:産業研究所 Tel. 0798-54-6127

 

<講演会>英国のEU離脱決定は正当か無意味かー親EU派の英国人の視点ー[10/29] [ 361.16KB ]PDFリンク