2014.11.14.
<シンポジウム>「Partnership between Europe and Kansai-Region on Global Education and Human Resource Exchange」[12/13]

 EUは今日、米国を凌ぐ市場を持ち、また規制・規範の上でも世界に大きな影響力を持っています。大学教育においても、日本からの多くの留学生の渡航先となっており、高等教育分野における日欧連携は喫緊の課題となっています。

 当シンポジウムでは、関西学院大学のグローバル戦略、なかでも欧州戦略について関西学院大学の神余隆博副学長よりご講演いただきます。また、スターリング大学のグローバル戦略と日本の重要性について、スターリング大学の教育担当副学長ジョン・ガードナー先生よりご講演いただきます。
 次に駐日欧州連合代表部よりリチャード・ケルナー氏をお迎えし、EUの新しい留学スキームである「エラスムス+」についてご講演いただくほか、欧州人として日本の大学で研究教育に携わった経験について、関西学院大学フランシス・ローリンソン客員教授にご講演いただきます。質疑応答の時間も設けますので、大学教育における日欧連携についてご関心のある方の積極的な参加を期待します。

 一般参加可、参加費無料、申し込み手続き不要。