講演会報告書【9/28】

[ 編集者:産業研究所       2018年4月11日 更新 ]

9/28 <フォーラム>「東アジアのイノベーションと経済発展:日中両国の比較と協力」報告

 35周年を迎えた関西学院大学と吉林大学の大学間協定を祝し、大学創立記念日の2017年9月28日(木)に関学会館において、第6回日中経済社会発展フォーラム「東アジアのイノベーションと経済発展: 日中両国の比較と協力」を開催しました。
 フォーラムの午前セッションでは、伊藤正一・関西学院大学副学長と杜莉・吉林大学副書記による開会の挨拶に続き、李政・吉林大学経済学院教授、眞下忠・(株)神港精機代表取締役社長、林学訪・吉林大学北京学友会会長の3名から、日中のイノベーションの現状と課題に関する基調報告が行われました。
 午後からは、李暁・吉林大学教授、佐藤善信・関西学院大学教授、安田聡子・関西学院大学教授、孫哲・吉林大学講師の4名が加わり、基調報告に対するコメントがなされ、それに続き報告者・コメンテーター全員によるパネル討論が展開されました。
 本フォーラムへの参加者は約100名にのぼり、日中の民間企業によるイノベーションへの具体的な取り組みと産業政策のあり方、イノベーションの今後の方向性について活発な議論が行われました。

■参加者:120名

講演会報告書【9/28】  [ 772.23KB ]PDFファイル

2017年度(2017/4~2018/3)関連ページへのリンク