講演会報告書

[ 編集者:産業研究所       2017年2月24日 更新 ]

11/20 <連携シンポジウム>「関西企業の海外展開とグローバル人材の確保・育成 ―関西経済再生に大学が果たす役割―」報告

 2016年11月20日(日)、関西学院会館光の間において、産業研究所×日本貿易振興機構×産経新聞 連携シンポジウム「関西企業の海外展開とグローバル人材の確保・育成―関西経済再生に大学が果たす役割―」を開催いたしました。

 産業研究所所長の藤沢武史氏による開会挨拶の後、第1部として吉本興業株式会社代表取締役専務、田中宏幸氏に基調講演「吉本興業 アジアでの挑戦」、日本貿易振興機構大阪本部長、藤井真也氏に特別講演「中小企業のグローバル化とジェトロの役割」をしていただきました。

 第2部では「グローバル市場 いかに攻めるか、呼び込むか」というテーマで、パネルディスカッションを行いました。千房株式会社 専務取締役の中井貫二氏、本学国際学部3年でジェトロ大阪本部でのインターンシップ経験もある山下夏実氏 、日本貿易振興機構 大阪本部長の藤井真也氏にご登壇いただきました。関西学院大学産業研究所准教授、市川顕氏のコーディネートにより、今求められるグローバル人材とはどのような人材なのか、その人材を育てるために大学が何をできるのか、日本経済のビジョンと今後必要になるスキル等について、活発な意見交換がなされました。

 産経新聞社編集企画室長、安東義隆氏による閉会挨拶の後には、関西学院会館風の間において交流会が行われました。交流会は、登壇者・自治体・企業・学生が直接交流する機会を目的に新たな試みとして開催され、参加した学生から「色々な方から働くビジョン等について聞くことができて就職活動前にすごく参考になった。」等のコメントがありました。

■参加者 110名

連携シンポジウム報告書 [ 2.01 MB ] PDFファイル

2016年度(2016/4~2017/3)関連ページへのリンク

産経新聞社との連携関連ページへのリンク

日本貿易振興機構(JETRO)との連携関連ページへのリンク