講演会報告書

[ 編集者:産業研究所       2016年11月4日 更新 ]

<日・EUフレンドシップウィーク>ミニ・シンポジウム「食文化・食生活の日欧比較」報告

 2016年6月25日(土)、大阪梅田キャンパス1004において、ミニ・シンポジウム「食文化・食生活の日欧比較」を開催いたしました。

 産業研究所准教授(SGU担当)の市川顕氏による開会挨拶の後、国立民族学博物館 総合研究大学院大学准教授の宇田川妙子氏に「イタリアにおける食の多様な意味」、船井総合研究所 経営改革コンサルティンググループの杤尾圭亮氏に「日本における食文化を通じた地域おこしの試み」、私立武蔵高等学校中学校教諭の菱沼美里氏に「イタリアと日本の中学校における食育の比較」についてご講演いただきました。
 講演後は登壇者によるパネルディスカッション「食文化・食生活の日欧比較」および会場とのQ&Aが行われ、活発な意見交換がなされました。

■参加者: 75名

講演会報告書 [ 523.92KB ]PDFファイル

ミニシンポチラシ [ 171.78KB ]PDFファイル

<日・EUフレンドシップウィーク>ミニ・シンポジウム「食文化・食生活の日欧比較」イベント情報へのリンク