講演会報告書

[ 編集者:産業研究所       2014年6月10日 更新 ]

<EUIJ関西>学術セミナー「欧州債務危機と会計プロフェッションの活躍」
<EUIJ関西>欧州自治体ガバナンスセミナー「欧州における自治体のガバナンス構造」 報告

2月12日(水)英国勅許公共財務会計教会(CIPFA)前事務総長のスティーブ・フリーア氏をお迎えし、「欧州債務危機と会計プロフェッションの活躍」と題しご講演いただきました。英国の勅許公共財務会計士が公共部門の赤字削減にどう活躍しているのかを、パワーポイントなども使いながらわかりやすくお話くださいました。英語の講演でしたが、逐次通訳もあり大変意義深い講演会となりました。講演会後、参加者との質疑応答の時間が設けられ、より詳細にわたり英国の事情を共有できる貴重な時間となりました。

■参加者 28名

2月13日(木)東京丸の内キャンパスに場所を移し、12日に引き続きスティーブ・フリーア氏に「欧州における自治体のガバナンス構造―英国を中心に―」というテーマで講演していただきました。英国では、自治体内部のマネジメントは事務総長という自治体管理の専門家によって進められています。事務総長によるマネジメントを議員や市民はどうガバンンスしているのかということを通訳を交えてお話いただきました。両日とも多くの自治体関係者、公認会計士の方々に参加いただき、盛会となりました。

■参加者 36名

スティーブ・フリーア氏講演会報告書 [ 1.44 MB ]PDFファイル

学術セミナー「欧州債務危機と会計プロフェッションの活躍」イベント情報へのリンク

欧州自治体ガバナンスセミナー「欧州における自治体のガバナンス構造」イベント情報へのリンク