<講演会>「破壊的新規事業の起こし方」第2回(全2回)

日時:
2018年05月08日(火) 13時30分 ~ 2018年05月08日(火) 15時00分
場所:
西宮上ヶ原キャンパスB号館B-201教室

※イベントの様子は、添付ファイル「講演会報告」、下記のリンク「2018年度(2018/4~2019/3)」をご覧ください

■講 師:玉田 俊平太氏(関西学院大学経営戦略研究科教授)

■テーマ:
 ④破壊的新規事業を興すための戦略、
 ⑤破壊的アイデアを産み出すための着眼点と方法、
 ⑥破壊的イノベーションを起こすために求められる組織、

<講師プロフィール>
 博士(学術)(東京大学)。ハーバード大学大学院にてマイケル・ポーター教授のゼミに所属するとともに、クレイトン・クリステンセン教授から破壊的イノベーション理論の指導を受ける。
 筑波大学専任講師、経済産業研究所フェローを経て現職。その間、東京大学先端科学技術研究センター客員研究員、東京大学先端経済工学研究センター客員研究員、文部科学省科学技術政策研究所客員研究官を兼ねる。研究・イノベーション学会評議員。日本経済学会会員。日本知財学会会員。
 平成23年度TEPIA知的財産学術奨励賞会長大賞受賞。著書に『日本のイノベーションのジレンマ 破壊的イノベーターになるための7つのステップ』(翔泳社、2015年)、監訳に『イノベーションへの解』(翔泳社、2003年)、『イノベーションのジレンマ』(翔泳社、2000年)など多数。

■備 考:参加費無料、申込み手続不要、一般参加可、どちらか一方の参加も可

■主 催:イノベーション研究センター

■共 催:産業研究所

講演会報告PDFファイル[ 585.53KB ]

講演会 「破壊的新規事業の起こし方」PDFファイル[ 213.72KB ]

2018年度(2018/4~2019/3)関連ページへのリンク