<研究セミナー>「貿易と直接投資の実態解明」

日時:
2018年02月10日(土) 12時30分 ~ 2018年02月10日(土) 17時40分
場所:
大阪梅田キャンパス 1004教室

※イベントの様子は、添付ファイル「講演会報告」、下記のリンク「2017年度(2017/4~2018/3)」をご覧ください。

■プログラム(12:00~受付開始)
12:30-12:35  開会挨拶 藤澤 武史氏(関西学院大学商学部教授/産業研究所長)
12:35-13:00  第1報告 藤澤 武史氏
            「日EU間の貿易と対EU直接投資に関する考察」
13:15-13:55  第2報告 麻野 良二氏 (株式会社アールFTA研究所長)
            「 日EU・EPAの意義と日本企業にとっての効果と課題
             ―TPP、CPTTP及び日本のEPAとの比較において―」
14:00-14:40  第3報告 花木 正孝氏 (近畿大学准教授)
            「TSU-BPO取引の現状と今後~貿易金融におけるFinTechの可能性」
14:50-15:40  第4報告 笹倉 慎太郎氏 (ササクラ株式会社 専務取締役)
             「海水淡水化市場とマーケティング戦略」
15:45ー16:35  第5報告 清水 源也氏  (伊藤忠商事株式会社 執行役員 ファッションアパレル第二部門長)
            「伊藤忠商事・繊維事業に於けるハイブリッド戦略―ベトナムに於ける貿易投資事例―」             
16:40ー17:30  曽根 一朗氏 (JETRO大阪本部長)
            「日系企業の対米直接投資の現状と第4次産業革命に伴う新たなビジネスチャンス」

■備 考:一般参加可、参加費無料、事前申込み不要

■問い合わせ:関西学院大学産業研究所
       TEL0798-54-6127

講演会報告PDFファイル[ 264.52KB ]

2月10日 合同貿易研究セミナー産研×日本貿易学会 ポスターPDFファイル[ 355.53KB ]