<シンポジウム>コロナ後のグローバル経済の可能性を考える

日時:
2020年11月26日(木) 13時30分 ~ 2020年11月26日(木) 16時30分
場所:
西宮上ケ原キャンパス 関西学院会館
対象:
要事前申し込み(会場参加・オンライン参加)

関西学院大学産業研究所×JETRO×産経新聞 連携シンポジウム


コロナのパンデミック拡大により着実に成長してきたグローバル経済が基本から覆るような状況を迎えております。
早期のグローバル経済の復活が望まれるなか、「今、日本経済ができることは何か」について具体的な議論と提言を行います。

■プログラム:(開場:13:00 開演:13:30)
 

<第1部>

●開会あいさつ 広瀬 憲三 氏 (関西学院大学商学部教授/産業研究所 所長)

  • ●基調講演 
    米村 猛 氏(経済産業省 近畿経済産業局長)
  • 「コロナ後のグローバル経済と関西の展望」(収録出演)
  • ●特別講演1 
    根本 裕之 氏(日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部長)
  • 「コロナ禍で注目を集めるECビジネス」
  • ●特別講演2 
    井内 卓嗣 氏(アズワン代表取締役社長)
  • 「コロナ下の研究医療の成果加速に貢献する、関西発EC企業のグローバル展開」


<第2部>
パネルディスカッション「コロナ後のグローバル経済の可能性を考える」

  • ◆登壇者  
    青木 登 氏(経済産業省 近畿経済産業局 通商部長)
  • 井内 卓嗣 氏(アズワン代表取締役社長)
  • 根本 裕之氏(日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部長)
  •      
  • ◆コーディネーター  
    小林 伸生 氏(関西学院大学経済学部教授/産業研究所 副所長)


■要事前申し込み・参加費無料
■定員:会場来場者50名・オンライン参加定員なし
※お申込み、お問い合わせは下記に記載の、産経新聞開発内「シンポ」係までお願いいたします。

■応募方法:はがき、FAX、Eメールいずれかの方法で
①氏名②郵便番号・住所③年齢④電話番号⑤参加希望人数⑥来場希望かオンライン参加希望のいずれかを選択
⑦オンライン希望参加の方はご自身のEメールアドレスを明記し、下記までお申し込みください。
来場希望の応募者多数の場合、抽選のうえ当選者に招待状をお送りします。

  • [はがき]:〒556-8666(住所不要)産経新聞開発内「シンポ」係 宛
  • [FAX] : 06-6633-2709※件名に「シンポ」と明記してください。
  • [メール]: sinpo@esankei.com ※件名に「シンポ」と明記してください。
    ※応募者の個人情報は招待状の発送と運営事務局からの連絡のみに使用します。

■応募締め切り
[来場者]:11月16日(月)※当日消印有効
[オンライン参加]:11月24日(火)

※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、会場への入場制限を実施したうえでの開催となります。
また、新型コロナウイルス感染拡大の状況等により急遽中止する場合がございます。 
    
■お問い合わせ:産経新聞開発内「シンポ」係 TEL 06-6633-6804(平日10時~17時)

■主催:関西学院大学産業研究所、日本貿易振興機構(ジェトロ)、産経新聞大阪本社
■後援:経済産業省 近畿経済産業局(予定)

11月26日シンポジウム開催のご案内PDFファイル