2019.10.30.
2019年度第3回先端研セミナー【12/5(木)開催】

2019年度第3回先端研セミナー【12/5(木)開催】

先端社会研究所では、2019年度第3回先端研セミナーを開催します。

【題目】:オーバーツーリズムとジェントリフィケーション
【講師】:松村 嘉久 氏(阪南大学 国際観光学部 教授)
     中井 治郎 氏(龍谷大学 社会学部 非常勤講師)
【日時】:2019年12月5日(木)16:50~18:30
【場所】:E号館102教室(西宮上ケ原キャンパス E号館1階)

※入場無料。参加申し込みは不要です。当日直接会場にお越しください。

【概要】
 観光推進を国是とする現代日本では、アウトバウンドの数をインバウンドの数が凌駕し
ている。バルセロナやパラオといった世界の観光地と同様、伝統と格式を背負う都市・京
都においては、訪日外国人観光客の増加による様々な事態に苦慮する「オーバーツーリズム」
(観光公害)の問題が浮上している。同じく大阪でも、2025 年の万博に向け統合型リゾー
トなどへの議論も進む一方で、都心部では新たな外国人住民が増加し、従来日雇い労働者
の街として知られていた場所でもジェントリフィケーションが進行しつつある。今回のセ
ミナーでは、これらグローバル社会における都市と観光の問題を、京都でフィールドワー
クする社会学者、大阪でまちづくりを実践する観光地理学者、それぞれのゲスト講師の事
例報告から考えていきたい。

2019年度第3回先端研セミナー[ 8.51 MB ]PDFリンク