2016.06.07.
2016年度リサーチコンペプレゼンテーション審査会【6月18日(土)開催】

2016年度リサーチコンペ プレゼンテーション審査会のお知らせ

先端社会研究所は、その取り組む事業のひとつである「教育」の一環として、関西学院大学の大学院生・研究員を対象に、本研究所のテーマである「文化的多様性を尊重する社会の構築をめざした、社会調査を基軸とする先端的な研究」を理解し、将来の可能性が期待される「優れた先端的な研究」を募集しました。厳正な書類選考に基づき、以下5件の研究課題がプレゼンテーションを行います。助成受領者は、この中から、申請書類と、研究計画に関するプレゼンテーションの審査によって決定されます。

2016年度リサーチコンペ審査会 [ 239.50KB ]PDFリンク

プレゼンテーション審査会当日スケジュール

10:00~ 開会挨拶

10:10~10:40 岡本真生(社会学研究科 博士課程後期課程1年)
 宗教的ヘテロトピアをめぐる実践・表象・政治性―「稲荷信仰」の事例から

10:40~11:10 広尾克子(社会学研究科 博士課程後期課程2年)
 フードツーリズムとその変容―北陸のカニツーリズムの事例より

11:10~11:40 岡 いくよ(社会学研究科 博士課程後期課程2年)
 現代社会における周産期母子と社会的包摂

11:40~12:10 休憩(30分)

12:10~12:40 奥田 絵(社会学研究科 博士課程後期課程1年) 
 「公共」補償の環境社会学的研究―奈良県吉野郡川上村の大滝ダム建設を事例に

12:40~13:10 笹部 建(社会学研究科 大学院研究員)
 蔦屋書店における文化的娯楽性と規範的公共性の展開と摩擦

13:10~ 閉会挨拶