2016.03.09.
毎日新聞に、先端社会研究所シンポジウムに関する記事が掲載されました

毎日新聞2016年3月3日朝刊に、報告者として、増山 ゆかり氏(公益財団法人いしずえ 常務理事)、花井 十伍氏(全国薬害被害者団体連絡協議会 代表世話人)、本郷 正武氏(和歌山県立医科大学医学部 准教授)、コメンテーターとして、種田 博之氏(産業医科大学医学部 講師) を招いて開催した、2016年度先端社会研究所シンポジウム「薬害と現代社会をめぐってーー薬害の被害経験から考える」に関する記事が掲載されました。

記事では、サリドマイドや薬害HIVの被害者や研究者が、社会から薬害を根絶するために必要なことは何か、についての各報告者の訴えや指摘などが紹介されています。

毎日新聞記事.pdf [ 3.20 MB ]PDFリンク