2015.11.17.
2015年度社会学研究科大学院GSSP第1回公開研究会 山家悠平氏を招いて【11月21日(土)開催】

先端社会研究所では、関西学院大学大学院社会学研究科 GSSP「断片化の社会学」班との共催で研究会を行います。
みなさまのご参加をお待ちしております(参加無料、事前申込は必要ありません)。

題目:戦前期における遊廓と現代社会における労働を考える—近代女性史と社会学のはざまを乗り越えて
日時:2015年11月21日(土)14:00〜17:00
(13:30より受付開始、研究会後には懇親会を予定しています)
場所:先端社会研究所セミナールーム
(関西学院大学社会学部棟3F、社会学部棟にはH号館から渡り廊下を通ってお入りください)
報告者:山家 悠平氏(大手前大学学習支援センター)
コメンテーター:金 太宇氏(関西学院大学災害復興制度研究所)

概要:
近年、専門分野別に分断され研究テーマが個別具体的になる学問の「断片化」が進む傾向がある。そこで、本研究班は専門分化した研究領域を横断するような共通理念を探る。今回の研究会では、戦前期の遊廓で働く女性について研究しておられる山家悠平氏を招聘する。本研究班が山家氏を招聘する理由は、歴史学や女性学でおこなわれている最先端の議論の内容が、社会学で議論されている現代のジェンダーや労働の問題においてどのような差異が見られるのかを検証するためである。そして、これらの学問と社会学との間にある学問の壁をいかに乗り越え、現代の社会問題全般に通ずる共通理念を模索する。

報告者紹介:
国会図書館や、全国各地の図書館にねむる戦前の新聞に目を通すうちに、遊廓のなかの女性たちによるストライキをはじめとするさまざまな抵抗にひきつけられる。その成果を今春『遊廓のストライキ』(共和国)として上梓。全国紙をはじめ多くの書評欄で話題に。京都在住のミュージシャンでもある。

研究会に関するお問合せ:
関西学院大学社会学研究科 GSSP「断片化の社会学」班
運営スタッフ代表(奥田) E-Mail: ayb83343@kwansei.ac.jp

2015年度GSSP第1回公開研究会.pdf [ 537.76KB ]PDFリンク