2015.06.19.
2015年度第2回先端研セミナー Efrat Ben-Ze'ev氏を招いて【7月1日(水)開催】

先端社会研究所では、2015年度第2回先端研セミナーを開催します。

イスラエルの文化人類学者で、現在、国際学部客員教授として関西学院大学に在任中のEfrat Ben-Ze'ev先生によるご講演を開催します。同教授は、「集合的記憶」の観点から、1948年のイスラエル建国をめぐるナラティブの歴史的変遷を中心に研究されており、その著書 Remembering Palestine in 1948: Beyond National Narratives, Cambridge University Press, 2011 は、国際的にも大変高く評価されています。

みなさまのご参加をお待ちしております。参加無料、事前申込は必要ありません。なお報告は英語で行われます。

日時:2015年7月1日(水)17:00~18:30
場所:先端社会研究所セミナールーム(社会学部棟3階)
報告者:Efrat Ben-Ze'ev氏 (国際学部客員教授)
題目:Imposed Silences and Self-censorship: The changing tale of war among 1948 Israeli veterans

概要:
The 1948 War was long presented among the general Israeli public as a miraculous victory against all odds. However, for the soldiers who were involved in killing and expulsion, the war experience was far more complicated and sad. This lecture explores the social mechanisms that operated on the veterans, silencing and censoring their tales. It also looks into the point in time when these silences began to dissolve, and tries to explain why.

報告者紹介:
ヘブライ大学の社会学・エジプト学科を1988年に卒業、オックスフォード大学The Institute of Social and Cultural AnthropologyでD. Phil取得。現在、The Ruppin Academic Center, The Department of Behavioral SciencesのSenior Lecturer。ヘブライ大学のThe Harry S. Truman Research Institute for the Advancement of Peaceの Fellowを兼務。著書Remembering Palestine in 1948: Beyond National Narratives, Cambridge University Press, 2011、編著Shadows of War: A Social History of Silence in the Twentieth Century, Cambridge University Press, 2010、など。

研究会に関するお問合せ:
先端社会研究所事務室 Tel:0798-54-6085 / E-mail: asr@kwansei.ac.jp

2015年度第二回先端研セミナー [ 307.04KB ]PDFリンク