2015.02.24.
第1回先端研ワークショップを3月9日に開催します。コーヒーを飲みながらケアについて考えます。

 先端社会研究所では、2014年度第1回先端研ワークショップを開催します。
 参加無料・事前申し込みの必要はありません。

 先端研ワークショップでは、セミナーやシンポジウムのように「研究者の話を聞く」というのではなく、むしろ「人と一緒に考える」という機会をつくります。
 そこで今回は、困難を抱える当事者のお話を聞き、それを踏まえて参加者同士で、ワールド・カフェという対話形式を体験しながら、ケアについて話し合います。それにより「私たちが当事者の方とどのようにしたら十分にコミュニケートできるのか」「私たちが当事者の方を支援するとしたら何ができるのか」について考えようと思います。そして同時に「人と一緒に考える」ための、ワールド・カフェという対話形式を体験することが目的です。とても貴重で、しかも楽しい機会です。ぜひ参加してみてください。

 学部生、大学院生向けの企画です。もちろん教職員も歓迎します。コーヒーを飲みながら、あるいはお菓子をつまみながら、ワールド・カフェを体験しましょう!(コーヒーとお菓子はこちらで準備します。)

日時:2015年3月9日(月) 13時〜16時30分
場所:社会学部棟3階 セミナールーム(関西学院大学上ケ原キャンパス)
カフェ・マスター:野村裕美さん(同志社大学社会学部社会福祉学科准教授)
スピーカー:Aさん(LGBT等当事者)
企画者:榎本てる子(神学部教員)・佐藤哲彦(社会学部教員)

カフェ・マスターとスピーカーの紹介:
 野村さんはワールド・カフェ・プラクティショナーとして経験を積んでこられた方です。最初に、ワールド・カフェの主な特徴や方法を説明していただいてから、ケア・カフェについてのお話を聞き、さらに実際に体験していきます。当事者のAさんには、ご自身が経験されてきた多重な困難を話していただき、その後、みんなでそのことについて話し合っていきます。ワールド・カフェ未経験の方をとくに歓迎します。

先端研ワークショップに関するお問合せ:
先端社会研究所事務室 Tel:0798-54-6085 / E-mail: asr@kwansei.ac.jp

2014年度第一回先端研ワークショップ.pdf [ 76.46KB ]PDFリンク