2014.07.03.
図書新聞とJapanese Book Newsに先端社会研究所叢書『戦争が生み出す社会』に関する記事が掲載されました。

図書新聞(2014年1月11日発行)とJapanese Book News(国際交流基金発行、summer2014, 80号)に、先端社会研究所における島村恭則(関西学院大学社会学部・教授)による編著『引揚者の戦後(叢書戦争が生みだす社会Ⅱ)』に関する記事が掲載されました。

記事(図書新聞)では、「アジア太平洋戦争の敗戦直後の植民地各地からの『引揚げ』で見られた脱出と帰還の物語」の神話性に注目した「本書は、神話的水準とかかわりあうことで戦後そして現代日本の社会や文化を眺める風景を一変させる可能性のある論文集である」と紹介されています。

掲載記事(図書新聞) [ 104.93KB ]PDFリンク

掲載記事(Japanese Book News) [ 276.52KB ]PDFリンク