関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > 先端社会研究所 > 2019年のニュース > 2019年度リサーチコンペプレゼンテーション審査会【6月8日(土)開催】

2019年度リサーチコンペプレゼンテーション審査会【6月8日(土)開催】

  •         

[ 編集者:先端社会研究所   2019年6月3日 更新  ]

2019年度リサーチコンペ プレゼンテーション審査会のお知らせ

先端社会研究所が取り組む「大学院教育支援事業」の一環として、全研究科大学院生・研究員を対象に、本研究所の「文化的多様性を尊重する社会の構築を目指した、社会調査を基軸とした研究の拠点」*という目標を理解し、将来それに貢献することが期待される「優れた先端的な研究」を募集しました。厳正な書類選考に基づき、以下5件の研究課題のプレゼンテーションが行われます。助成受領者は、この中から、申請書類と、研究計画に関するプレゼンテーションの審査によって決定されます。

 先端社会研究所の目標は以下の通り。
 ①社会調査を中心とする社会科学的手法によって、
 ②互いに異なる人々の関わりにまつわる問題群に対して
 ③学術的視点から未来の指針を示すような研究を実施・支援する

プレゼンテーション審査会当日スケジュール

9:25  開会挨拶

9:30  織田 佳晃(社会学研究科)
      トランスジェンダーの脱病理化実践についての社会学的研究
      ―タイ・バンコクのヘルスセンターの事例から―
9:45  質疑応答

10:00  渡壁 晃(社会学研究科)
       近代国家と戦争の記憶
       ―第2次世界大戦におけるホロコーストを事例に
10:15  質疑応答

10:30  李 軒羽(社会学研究科)
       中国における現代伝説の総合的研究
       ―先行研究と北京・上海の怪談型都市伝説についての試行的考察
10:45  質疑応答

11:00  休 憩(10分)

11:10  岸本 健太(言語コミュニケーション文化研究科)
       相互行為における自虐的な評価にかんする一連の様相の解明
11:25  質疑応答

11:40  張 思宇(社会学研究科)
       変容する環境意識
       ―受益圏・受苦圏と生活環境―
11:55  質疑応答

12:10  閉会挨拶

このページの先頭に戻る