関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > 先端社会研究所 > 2019年のニュース > 2018年度第5回先端研セミナー【2/15(金)開催】

2018年度第5回先端研セミナー【2/15(金)開催】

  •         

[ 編集者:先端社会研究所   2019年1月26日 更新  ]

先端社会研究所では、2018年度第5回先端研セミナーを開催します。

【題目】:カナダのアイデンティティを表象する首都オタワのカナダ・デー
【講師】:大石太郎氏(関西学院大学国際学部教授)
【日時】:2019年2月15日(金)16:00~18:00
【場所】:セミナールーム2(西宮上ケ原キャンパス 社会学部棟3階)

参加無料、事前申込の必要はありません。みなさまのご参加をお待ちしております。

【概要】
1867年7月1日、連合カナダ、ノヴァスコシア、ニューブランズウィックという3つのイギリス領植民地が連邦制の自治植民地を形成し、近代国家としてのカナダの歩みが始まった。以来、7月1日はカナダ・デー(1982年まではドミニオン・デー)として、実質的な建国記念日として祝われてきた。7月1日は全国各地でさまざまなイベントが開催され、とくに首都オタワの連邦議会議事堂前広場のヌーン・ショーは、総督や首相などの要人が出席するとともに、カナダ各地から招かれたアーティストがパフォーマンスを披露する一大イベントであり、カナダの公共放送(CBC/SRC)によって生中継される。本報告では、連邦結成100周年を迎えた1967年以降の主要紙の記事と2005年以降の現地観察にもとづいて、首都オタワのカナダ・デーの特徴を検討し、そこに表象されるカナダのアイデンティティを考察する。

このページの先頭に戻る