関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > 先端社会研究所 > 2018年のニュース > 2018年度第4回先端研セミナー【12/19(水)開催】

2018年度第4回先端研セミナー【12/19(水)開催】

  •         

[ 編集者:先端社会研究所   2018年11月13日 更新  ]

先端社会研究所では、2018年度第4回先端研セミナーを開催します。

【題目】:学生時代に何を学ぶべきか
     フィールドと教室のはざまから
【講師】:白波瀬達也氏(桃山学院大学社会学部准教授)
     *【聞き手】:鈴木謙介(先端社会研究所副所長)
【日時】:2018年12月19日(水)16:50~18:20
【場所】:先端社会研究所 セミナールーム(西宮上ケ原キャンパス 社会学部棟3階)

参加無料、事前申込の必要はありません。みなさまのご参加をお待ちしております。

【概要】
大学って、思った以上になにもない。
勉強しなくても強く咎める友だちはいないし、受験のような目標があるわけでもない。遊びの上手な友だちの輪に入ることができないわけではないけれど、サークルだってバイトだってそれなりに真面目にやってるけど、大学時代にやったことがそれだけだと言われるのには不安もある。
今回のセミナーでは、そんなありがちな不安を抱えた学部生から、研究の入り口にいる大学院生までを対象に、「学生時代に何を学ぶか」をテーマに、学外の先生をお招きして、ご自身の研究への入口となった学生時代の体験や、学生に向けたメッセージを語ってもらう企画を実施します。みなさま奮ってご参加下さい。

このページの先頭に戻る