日本班

[ 編集者:先端社会研究所   2015年5月27日 更新 ]

日本班は、現代社会における「排除」と「包摂」の現状を調査・分析することによって、従来の単純な「排除/包摂」で捉えきれない諸現象や、既存の集団的カテゴリーを超えたあるいは流動的な人々の実践を把握する視座を獲得することを目指しています。

メンバー

代表者: 山 泰幸(人間福祉学部・教授) 〈研究統括、移動民のネットワーク〉
班員:  難波 功士(社会学部・教授) 〈メディアにおける移動民の表象〉
     金 明秀(社会学部・教授) 〈在日外国人(量的調査)〉
     島村 恭則(社会学部・教授) 〈移動民の生活戦術〉
     孫 良(人間福祉学部・教授) 〈在日外国人(質的調査)〉
     辛島 理人(専任研究員) 〈日本・アジア関係〉