出版

[ 編集者:先端社会研究所   2014年7月15日 更新 ]

先端社会研究 Advanced Social Research(関西学院大学出版会)

創刊号 特集:幸福と不幸の社会学

創刊号幸福と不幸の社会学画像

目次

創刊の辞 <高坂 健次>

【論文】
1.頻ニ無辜ヲ殺傷シ――幸福と不幸の社会学序説 <高坂 健次>
2.不遇指標の公理的構成 <浜田 宏>
3.近代社会の暴力――人類の幸福に資する調査に向けて <荻野 昌弘>
4.ニーチェと幸福の高さ <宮原 浩二郎>
5.言語と幸せ――言語権が内包すべき三つの基本的要件 <亀井 伸孝>
6.事実について――幸福と不幸の民俗学のために <山 泰幸>
7.監視社会における「幸福」の条件――「見守られる幸せ」が突きつける問い <阿部 潔>
8.幸福と不幸の臨床社会学 <大村 英昭>

【講演】
1.幸福とは、所有するものか、状態か、行うものか? <クリスチャン・ボードゥロ/訳:山上 浩嗣>
2.報告:アジア文化と高齢者ケア――「学び」から「創出」へ―― <井上 幸江>
3.報告:監視体制の監視へ <亀井 伸孝>

【基調講演】
公的問題と個人情報―現代社会におけるリスク、恐怖、安全、監視 <デイヴィッド・ライアン/訳:原 佳央理、林 怡蓉、雪村 まゆみ>

規約 <編集委員会>

編集後記 <大村 英昭>

第2号特集 「社会調査の社会学」

第2号社会調査の社会学画像

目次

特集のことば <古川 彰>

【論文】
1. 説明と物語――社会調査は何をめざすべきか <盛山 和夫>
2. 事例研究再考――生活を組み立てる<力>としての調査研究 <宮内 泰介>
3. "フィールド"から"わかる"ということ―― "調査"についてのいくつかの考察 <高畑 由起夫>
4. 目で見る方法序説――視覚の方法化、もしくは考現学と民俗学 <川田 牧人>
5. フィールドで絵を描こう――社会調査のためのスケッチ・リテラシー <亀井 伸孝>
6. 阿片と天皇の植民地/戦争人類学――学問の対民関係 <全 京秀>

【特別寄稿】
変容する都市コミュニティの普遍――都市社会学調査における「共在感覚」の発見 <奥田 道大>
7. ある「善行」調査員の視線――関東大震災・東京府善行美績調査員の手記から <重信 幸彦>
8. 生活知のくり出し方――「村の日記」のなかの調査 <古川 彰>
9. 制御か共感か?――住民による環境調査に見る幸せの形 <嘉田 由紀子>
10. 映画がもつ”啓発する力”を調べる可能性――『フリークス』を読む試みから <好井 裕明>
11. 手紙形式による人権問題講義――<構造的差別>のソシオグラフィの試み <三浦 耕吉郎>
12. 「子どもの最善の利益」の証(エビデンス)を求めて――ソーシャルワークにおけるリサーチとプラクティスを繋ぐ <芝野 松次郎>

投稿規定

編集後記 <古川 彰/亀井 伸孝>

第3号特集「場所と社会調査」/小特集「マイノリティ研究の新たな次元」

第3号場所と社会調査/マイノリティ研究の新たな次元画像

目次

特集のことば「場所と社会調査」 <荻野 昌弘>

【論文】
1. 地域社会における語りとリアリティ――郡!上八幡という場所をとらえるための試論 <足立 重和>
2. 法制度の裏側にある「場所」と社会調査 <金菱 清>
3. インターネットによって生成される場と社会調査――精神疾患を患う人々の活動を事例として <前田 至剛>
4. 場所をもたない調査空間――匿名的な親密さとインタビュー <圓田 浩二>
5. 社会調査における制御可能性と不可能性 <今井 信雄>

【小特集「マイノリティ研究の新たな次元」】
マジョリティのための社会調査?――小特集「マイノリティ研究の新たな次元」の序によせて <亀井 伸孝>

【論文】
1. 上位目標達成を通した集団間のメタステレオタイプと社会的アイデンティティ――仮想世界ゲームにおける優位集団・劣位集団間の相互観察 <野波 寛、加藤 潤三、岡本 卓也、藤原 武弘>
2. PLA(ParticipatoryLeaming&Action)によるマイノリティ研究の可能性――人類の幸福のための社会「調査」から「アクション」へ <武田 丈>

【論文】
1. 社会調査と社会学理論――質問紙法による社会分析の革新をめざして <真鍋 一史>
2. 集合行為とコミュニティガバナンス <長谷川 計二>

【調査報告】
1. 北京市什刹海地区における住民の居住状況と都市保護改造についての調査研究 <清華大学課題班・李 強ほか/訳:林 怡蓉>

【シリーズ「語りえぬものを問う」】
1. 語りえぬものを問うI 「エドガール・モランと現在あるものの社会学」
報告: 市民と専門家の協働としての社会調査 <雪村 まゆみ>
2. 語りえぬものを問うII 「米山リサワークショップ:暴力・戦争・リドレス」
報告: ジェンダー化されたトラウマと日本のナショナリズム <今井信雄>
3. 語りえぬものを問うIII 「アラン・コルバン身体・空問・感性」
報告: 風景という語りえぬもの――感性による風景構築、負の記憶と風景、暴力の風景 <前田至剛>

【国際シンポジウム】
1. 犯罪、学校、暴力――そして再生:米国コロンバイン高校事件と付属池田小学校事件の遺族と 支援者による共同発言
報告: 回復への道程と支援のあり方――「知る」、「参加する」、そして「達成する」 <高藤 三千代>

規約・投稿規定

編集後記

第4号特集「スピリチュアリティと幸福」/小特集「語りえぬものを問う」

第4号スピリチュアリティと幸福/語りえぬものを問う画像

目次

【特集「スピリチュアリティと幸福」】
特集のことば <芝野 松次郎、藤井 美和>

【論文】
1. 自己喪失とスピリチュアリティ――自己を求めて <窪寺 俊之>
2. 被虐待児童への真実告知をめぐるスピリチュアルケアとナラティヴ論――『子供である』ことと『子供になる』ことをめぐって <木原 活信>
3. 『問いのスピリチュアリティ』から幸福を問う <林 貴啓>
4. 要介護高齢者におけるスピリチュアルニーズに関する研究――特別養護老人ホーム入居者の意味探求ニーズ <岡本 宣雄>
5. On The Need to Address Spirituality and Well-being in Later Life Care: ――Some Reflections <Els-Marie Anbacken>
6. 神と霊界への信仰――統一教会における合同結婚式参加者たちの結婚生活 <中西 尋子>
7. 『脱ヒューマニズム』時代のスピリチュアリティ――『特定宗教』と『拡散宗教』のディレンマ <大村 英昭>

【小特集「語りえぬものを問う」論文】
1. 語りえぬものを問う――社会調査におけるアニメーション利用の可能性 <荻野 昌弘、雪村 まゆみ>
2. プロゼヴェットでの私の調査――パリにて、2005年9月 <エドガール・モラン/聞き手:ベルナール・パイヤール/訳:山上 浩嗣>
3. プロゼヴェット 方法論的指標 <ベルナール・パイヤール/訳:井上 櫻子>
4. 60年代の集団的調査――プロゼヴェットでの学際的調査 <アンドレ・ビュルギエール/訳:脇 聡>
5. 身体と風景の構築 <アラン・コルバン/訳:小倉 孝誠>
6. 未来のための記憶? <アンリ=ピエール・ジュディ/訳:渡辺 響子>

【投稿論文】
1. 論証役割とメタファー――レトリック分析の社会学的可能性に関する一考察 <林原 玲洋>

編集後記

第5号特集「災害復興制度の研究」

第5号災害復興制度の研究画像

目次

【特集「災害復興制度の研究」】
特集のことば「災害復興制度の研究」 <宮原 浩二郎>

【論文】
1. 「復興」とは何か――再生型災害復興と成熟社会 <宮原 浩二郎>
2. 被災者生活再建支援の制度化と課題 <荏原 明則>
3. 自治体による被災者への独自施策 <山崎 栄一>
4. 米国・緊急事態管理庁の組織再編とその影響 <村上 芳夫>
5. 「象徴的復興」とは何か <山 泰幸>
6. How does clinical workers’ victimization history affect their working relationship with the survivors of the Great Hanshin-Awaji Earthquake?――An exploratory study for the establishment of post-disaster clinical services <池埜 聡>
7. 住宅再建共済制度に関する数理社会学的考察I――資産ダメージ率の分析 <石田 淳・高坂 健次・浜田 宏>
8. 住宅再建共済制度に関する数理社会学的考察II――加入率の分析 <石田 淳・高坂 健次・浜田 宏>
9. 住宅再建共済制度に関する数理社会学的考察III――行政コストの分析 <石田 淳・高坂 健次・浜田 宏>

【報告】
災害復興基本法への道 <山中 茂樹>

規約・投稿規定

編集後記

第6号特集「調査倫理」

第6号調査倫理画像

目次

【特集「調査倫理」】
『調査倫理』問題の現状と課題―特集のことばに代えて― <高坂 健次>

【論文】
1. 質的社会調査とプライヴァシー―質的調査、モラリティのまなざし、社会の物語 <阪本 俊生>
2. 『答えたくない質問にはお答えいただかなくて構いません』? <長谷川 計二>
3. 人びとの“生”に埋め込まれた“公共的なるもの”を志向する倫理 <好井 裕明>
4. ライフストーリー研究における倫理的ディレンマ <桜井 厚>
5. 『問いかけに気づき、応えること』をめざして―病者・被害者・事件当事者に関する聞き取り調査から <蘭 由岐子>
6. マイノリティのための社会調査―当事者の現実に接近する方法をめざして <豊島 慎一郎>
7. アメリカ合衆国における「IRB制度」の構造的特徴と問題点―日本の社会科学研究における研究対象者保護制度の構築に向けて <藤本 加代>
8. 社会調査と倫理―日本社会学会の対応と今後の課題 <長谷川 公一>
9. 統計的調査と記述的調査における倫理問題―研究指針の作成をとおして- <森岡 清志>
10. 社会調査活動を支えるもの <原 純輔>

【投稿論文】
音楽聴取における「いま・ここ」性―音楽配信サービスの可能態について― <井手口 彰典>

規約・投稿規定

編集後記

海外出版

Advanced Social Research Series

-Volume 3- "A Quest for Alternative Sociology"Kenji Kosaka and Masahiro Ogino (eds.),Trans Pacific Press

A Quest for Alternative Sociology

今回の英文叢書『A Quest for Alternative Sociology』は約4年半のCOEプログラム活動のまとめとして、 国内外16名の研究者に既存の社会研究の枠組みにとらわれない未開拓な領域/テーマについての論文を執筆して頂き、英文オリジナルにて編纂致しました。Contentsは以下の通りです。

CONTENTS

PrefaceKenji Kosaka and Masahiro Ogino
Part I: Unremedied Suffering
1 Hybrid Landscapes: Where Children are Bullied to Death. Masahiro Ogino
2 Some Thoughts on the Wartime Removal and Incarceration of People of Japanese Ancestry. Takeo Yamamoto, Iwao Yamamoto and Akihiro Yamakura
3 The Logic of Surveillance and the Predicament of ‘the Social’. Kiyoshi Abe
Part II: 'Taming' Suffering
4 Social Research/Action for Returned Filipino Entertainers. Joe Takeda
5 Commercial Surrogate Mothering in India: Nine Months of Labor? Amrita Pande
6 Enlarging People’s Choice: Reducing Ill-being by Capability Building. Matthias Drilling
Part III: Reciting Suffering
7 Aging Japanese American Atomic-bomb Survivors in Southern California: A Case Study. Kayoko C. Nakao and Satoshi Ikeno
8 From Victims Divided To Victims United: The Politics of War Trauma in the Netherlands, 1945-1980. Jolande Withuis
9 Can One Still Live Happily After Chernobyl? Bernard Paillard
Part IV: Multidimensional Happiness
10 Village and War: Unit of Well-being in Japan under Imperial Rule. Akira Furukawa
11 Materialism, Pragmatism and the Pursuit of Happiness in Singapore. Chee Kiong Tong
12 The Happy Family in Contemporary Rural Vietnam. Do Thien Kinh
Postscript
13 The Conditions Essential to Alternative Sociology. Kenji Kosaka
Notes
Bibliography
Index

-Volume 2- "Frontiers of Social Research: Japan and Beyond"Akira Furukawa (ed.),Trans Pacific Press

Frontiers of Social Research: Japan and Beyond

In this collection, thirteen essays by Japanese and Korean sociologists and anthropologists explore a variety of methods of social inquiry. They include: urban research, wartime anthropology, folklore studies, the studies of local knowledge of villagers, visual methodologies in fieldwork and description, and research and practice in social work.

CONTENTS

Figures vi
Photographs vii
Tables vii
Preface Akira Furukawa viii
Contributors xv
1 Overcoming the Predicament of Social Research. Motoji Matsuda 1
2 Explanation and Narrative: What Should Social Research Aim for? Kazuo Seiyama 19
3 Rethinking Case Studies: Research as a Power to Construct Lives. Taisuke Miyauchi 39
4 Reflections on the Methodology of Seeing in Kogengaku and the Study of Folklore. Makito Kawada 53
5 Drawing Sketches in the Field: Sketch Literacy for Social Research. Nobutaka Kamei 72
6 Opium and the Emperor: Anthropology, Colonialism and War during Imperial Japan. Kyung-soo Chun 100
7 Discovering the "Sense of Co-Presence" in Urban Sociological Research. Michihiro Okuda 126
8 Through the Eyes of a Good Deed Investigator. Yukihiko Shigenobu 158
9 How Does the Village Express Local Knowledge. Akira Furukawa 183
10 Discovering Happiness through Environmental Research Conducted by Local Residents. Yukiko Kada 203
11 A Film's "Power of Enlightenment" or Effect: An Exploration of the Film Freaks. Hiroaki Yoshii 233
12 Lessons on Human Rights Derived from an Epistolary Style: the Sociography of Structural Discrimination. Kokichiro Miura 253
13 In Search of Evidence of a Child's Best Interests: Bridging Research and Practice in Social Work. Matsujiro Shibano 272
Notes 306
Bibliography 316
Index 337

-Volume 1- "A Sociology of Happiness"Kenji Kosaka, Kwansei Gakuin University, ed.Trans Pacific Press

A Sociology of Happiness

Published as the first volume of the Advanced Social Research Series, this book explores issues of happiness from a wide variety of sociological perspectives. It includes: a meta-analysis of suffering; an axiomatic approach to constructing a disadvantage index; a proposal for a new qualitative methodology for social science research; a Nietzschean analysis of happiness; a proposal to codify linguistic rights drawing on notions of the universal right to pursue well-being; an analysis of the role of folklore in articulating a society's implicit understandings of happiness and suffering; a critical exploration of the impact of social surveillance on happiness; and a clinical sociological approach to happiness and unhappiness.

CONTENTS

Figures vi
Tables vi
List of Contributors vii
Introduction Kenji Kosaka vi
1 Killing Many Innocent People: An Introduction to the Sociology of Well-being and Ill-being. Kenji Kosaka 1
2 An Axiomatic Approach to the Disadvantage Index. Hiroshi Hamada 40
3 Violence in Modern Society: Towards Social Research for the Enhancement of Human Happiness. Masahiro Ogino 61
4 Nietzsche and the Height of Happiness. Kojiro Miyahara 82
5 Language and Well-being: Three Basic Essentials of Linguistic Rights. Nobutaka Kamei 99
6 On Facts: Towards a Folklore of Happiness and Unhappiness. Yoshiyuki Yama 118
7 Conditions for “Well-being” in Surveillance Society: The Dubious Happiness of Being Watched.Kiyoshi Abe 138
8 Happiness and Unhappiness: A Clinical Sociological Approach. Eisho Omura 146
Notes 191
Bibliography 200
Name Index 213
Name Index 215

Japanese Society Series

Scams and Sweeteners: A Sociology of FraudMasahiro OginoTrans Pacific Press

Scams and Sweeteners: A Sociology of Fraud

Masahiro Ogino presents his sociological reflections on fraudulent acts, which are preformed in the space that is not governed by social norms. In this ambitious study, he attempts to develop a theory of what he calls a 'society of zero sociability' on the basis of Japanese, French, German, Swiss, Italian and American cases. He argues that 'there is no clear delineation between friendship and respect, and gift-giving and scams, in degree-zero society. There is no differentiation between a premeditated scam and the intention to give a gift, and one could easily become the other, so that a situation may seem like a scam but could easily seem like an example of gift giving. There is a need for sociological theory focusing on [this] primordial world.'

Village Life in Modern JapanAkira FurukawaTrans Pacific Press

Village Life in Modern Japan

From an environmentalist perspective, Furukawa examines the life world of villagers in modern Japan. This life world centers on their wisdom in daily life; with a focus on their religious life, preparation for natural disasters, irrigation systems, maintenance methods of forests and changing village structures. With extensive ethnographic illustrations, the author explores the potential of indigenous philosophy rooted in rural life and a new form of communalism in Japan. Village Life in Modern Japan argues that the mainstream of environmentalism today remains trapped within the modernist paradigm that has led to the present global environmental malaise. Through a variety of case studies, Furukawa outlines the case for 'life-environmentalism' and shows that slogans such as 'think global, act local' remain problematic unless we also 'think local, act local'. The study is grounded in an ethnographic approach that recognizes that local, everyday-life knowledge offers our only hope of rectifying the global environmental crises.