海外協力機関

[ 編集者:先端社会研究所   2017年9月20日 更新 ]

メルボルン大学アジアインスティテュート

先端社会研究所とメルボルン大学アジアインスティテュートは、2017年8月30日付で、Academic Exchanges and Collaboration Agreement を締結しました。

Asia Institute, The University of Melbourne外部のサイトへリンク

済州大学校在日済州人センター

先端社会研究所と済州大学校在日済州人センターは、2014年5月10日付で、学術交流協定を締結しました。

済州大学校在日済州人センター外部のサイトへリンク

雲南省社会科学院

先端社会研究所と雲南省社会科学院は、2014年3月10日付で、Research Agreementを締結しました。

雲南省社会科学院外部のサイトへリンク

オランダ戦争資料研究所

先端社会研究所とオランダ戦争資料研究所は、2012年5月29日付で、Agreement of Cooperationを締結しました。

オランダ戦争資料研究所 Institute for War, Holocaust and Genocide Studies (NIOD)

Institute for War, Holocaust and Genocide Studies (NIOD)外部のサイトへリンク

第5回ワークショップ

日時:2013年3月14日(木)9:40~16:00
場所:関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス 関西学院会館・輝の間

 本国際ワークショップで3人の報告者が焦点をあてるのは、暴力(戦争)と切り離されて表象されてきた女性イメージの問い直しである。Buchheim氏は、インドネシアで茶・ゴム・キナ農園を営んでいたオランダ人のF. ブランデンブルク・ファン・オルツェンデ氏(1941年没)の未亡人で、日本占領期には日本軍との密接な関係性にあったとされるM.T. ブランデンブルク・ファン・オルツェンデ夫人が、戦後に自身の潔白を証明していく過程について報告する。
 Futselaar氏は、ドイツ占領期のオランダの刑務所において女性政治犯に対する処遇や彼女らが直面した問題について報告する。また、Tsu氏は、中国の抗日戦争映画に登場する女性の主人公たちをめぐる表象の変遷について分析し、1980年代の初頭には社会主義芸術の衰退にともなって、戦士として描かれていた女性たちが被害者として描かれていくようになった過程やその背景について報告する。

プログラム

(9:40-10:00) 挨拶 荻野昌弘 (関西学院大学社会学部教授)
(10:00-12:00)
Eveline Buchheim(オランダ戦争資料研究所研究員)
“Marie Therese Brandenburg van Oltsende, spy for the Japanese or saver of cultural
heritage?”
「マリー・テレーズ・ブランデンブルク・ファン・オルツェンデ──日本のスパイ/文化財の保護者として生きる」

(13:30-14:30)
Ralf Futselaar(オランダ戦争資料研究所研究員)
“Only peeled potatoes. Upper and middle class women as a challenge to gender
relations in Dutch prisons 1940-`45”
「皮が剥かれたジャガイモ──オランダの刑務所における上・中流階級女性たち(1940-1945)」

(14:50-15:50)
Timothy Tsu(関西学院大学国際学部教授)
“From Warriors to Victims: "Fighting Women" in Chinese War Movies”
「戦士から被害者へ──中国・抗日戦争映画のなかの<闘う女性>」

第4回ワークショップ The Power of Healing - or the Healing of Power? A Critical Workshop on the Memories of War

日時:2012年3月23日(金)、24日(土)
場所:関西学院大学大阪梅田キャンパス1402室

This workshop aims to privide critical reflection on current practices of remembrance, especially remembrance of wars and mass violence. Memorial practices can help waar victimes overcome their grief and help societies to avoid atrocities in the future. They have, hence, the power to heal. On the other hand, memories and memorials are also useful tools for legitimizing political power, and it is not surprising that they are often appropriated by other actors than the vistims.

このワークショップは、記憶すること、特に戦争や大衆への暴力を記憶することをめぐる現在の実践について批判的考察を行うことを狙いとしている。記憶するという実践は、戦争被害者が悲しみを克服したり、社会が将来の災禍を回避したりすることに寄与する。したがって、この実践は癒しの力を持つのである。またその一方で、記憶することや記念することは、政治権力の正当化にとって有効な道具でもあるため、しばしば被害者以外の主体によって利用されることもあるのである。

第3回ワークショップ Contemporary Societies and the Shadow of World War II

日時:2010年3月24日(水)、25日(木)、26日(金)
場所:オランダ戦争資料研究所(アムステルダム,オランダ)


24 March
16.00 Opening Marjan SCHWEGMAN, director NIOD: Welcome and introduction Kiyoshi ABE, chairman Institute for Advanced Social Research: Address Ralf FUTSELAAR & Eveline BUCHHEIM, Introduction to the workshop with respect to content and publication plans
17.00-18.00 Informal meeting with drinks
18.30 Opening Dinner, restaurant Bird Zeedijk 72-74

25 March
09.30-12.30 Heritage and the Digital Revolution
Chair: Eveline BUCHHEIM Harco GIJSBERS: Bringing Pictures to the People Rene KOK: Collecting, publishing and showing Wartime Film from South-East Asia. Rene POTTKAMP: Digitizing NIOD-archives on the Netherlands-Indies
12.30-13.30 Lunch
13.30-17.30 Racist Ideologies under the stress of War
Chair: Ralf FUTSELAAR Remco RABEN: Race wars? Ideologies of race in wartime and revolutionary Indonesia Benien VAN BERKEL: Cultural racism as precept in Dutch culture policy 1940-1943 Teruyuki TSUJI: Narrating the Nation through Ethnicity: Hikiagesha in Postwar Rehabilitation of Japanese-ness Ethan MARK: Race, Class, and Empire: Re-Viewing the Second World War as Global History Peter POST: Scapegoat, victim or perpetrator? The Chinese race issue in Indonesia

26 March
09.30-12.30 Lasting Legacies: the Long Shadow of Wartime Racism
Chair: Ralf FUTSELAAR Kohei KAWABATA: Liberated from stigma, fettered by freedom: A case study of young Zainichi Koreans in a regional city of Japan Eveline BUCHHEIM: Troubling liaisons: the legacies of intimate relations in Japanese Occupied Indonesia Yasuto NAKANO: Stable and Unstable Discourse : Readers' Contributes of Japanese Newspapers in the Heisei era Jeroen KEMPERMAN: ‘Dutch diaries in the Netherlands East Indies, 1942-1945’
12.30-13.30 Lunch
13.30-16.00 Race and War in Popular Culture
Chair: Eveline BUCHHEIM
Kees RIBBENS: The Other in Black and White Racial stereotyping in a Dutch nazi comic strip Masashi IWASA: Feel at Home with War?: A Strange Familiarization with the U.S. Military in ‘Post- Postwar’ Japan Peter KEPPY: Articulating Modernity: The Making of Popular Music in 20th Century Southeast Asia and the Rise of New Audiences
16.00-17.00
Ralf FUTSELAAR: Race, War and the Modern World. Closing discussion and remarks
17.00-18.00 Reception and tour of the building

第2回ワークショップ Contemporary Societies and the Shadow of World War II

日時:2008年3月25日(火)、26日(水)
場所:関西学院大学 関西学院会館 翼の間

関西学院大学21世紀COEプログラム・NIOD(オランダ戦争資料研究所)共催で3月25日(火)、26日(水)にThe 2nd KGU WS「戦後-現代社会と第二次世界大戦の影」が行われました。

The second KGU-NIOD Workshop, which focused on the birth of postwar societies, had two distinct objectives. On the one hand, it aimed to facilitate an exchange of research results in an interdisciplinary and international forum. On the other hand, it aimed to further substantiate the collaboration between both participating institutions. Both objectives have been successfully pursued in this workshop.  
From the perspective of research dissemination, the success of the workshop can be assessed in more or less conventional terms. Overall, the quality of papers was high and discussions were lively. Interestingly, the different backgrounds of the participants, in a group comprised mostly of historians, sociologists and anthropologists, proved an advantage rather than a hindrance. The methodological richness that resulted was one of the most appealing aspects of this particular meeting. Social, legal, economic and personal aspects of postwar life brought to the fore, and led to remarkable discussions between Dutch and Japanese scholars.  
The second objective was, at the onset of the workshop, considerably less secure. Collaboration between both institutions had been instigated in 2005, and had achieved some considerable successes. But this had not yet led to an established, long-term program of collaboration. After this workshop, the process of formalizing the collaboration has been set in motion. For both of the participating institutions, this means an important step towards making good long-standing ambitions.


 戦後社会の誕生に焦点を当てた第2回関西学院大学―オランダ戦争資料研究所共同ワークショップの目的は2つありました。
 第1に、学際的かつ国際的なフォーラムの中で互いの研究成果の交換を促進することです。第2に、双方の機関の更なる協力を具体化してゆくことです。
 これらの目的は本ワークショップの中で見事に達成されました。研究の公表という点から見ると、本ワークショップは学術発表に対する従来の評価の仕方からしても成功だったと言えます。全般に発表の質は高く、議論も活発に行われました。興味深いことに、参加者が主に歴史学、社会学、文化人類学といった異なる学問的素地を持つ研究者によって構成されていたことは、障害になるどころか寧ろ利点となることが明らかになりました。
 その結果として見られた方法論上の多様さは、本会議で最も感銘を受ける点の1つです。戦後の生活のさまざまな側面、つまり社会的、法的、経済的、あるいは個人に関わる側面などが俎上に載せられ、オランダと日本の研究者の間で注目に値する議論が繰り広げられました。
 第2の目的については、第1の目的に比べ、本ワークショップが始まった時点では達成の可能性がかなり不確かなものでした。双方の機関の協力は2005年に開始され、ある程度の成功を収めてきました。しかしこのことが確立した、長期的な協力プログラムとなるには至っていませんでした。本ワークショップ終了後、この協力を公式なものとしてゆく過程が出発します。このことは双方の機関にとって、互いに良好で長期的な大志を築いてゆくための重要なステップとなることを意味しているのです。

ラルフ・フッツェラール(関西学院大学先端社会研究所 専任研究員)(訳:岩佐将志、関西学院大学先端社会研究所 専任研究員)

第1回ワークショップ Legacies of Violence

日時:2006年3月9日(木)、10日(金)
場所:オランダ戦争資料研究所(アムステルダム,オランダ)

このワークショップは、関西学院大学21世紀COE プログラムの「暴力のモジュール」と関連するものとして企画されました。日本側からは、本学の真鍋一史教授、荻野昌弘教授、中野康人助教授、山泰幸助教授のほか、奈良女子大学の小川伸彦助教授が参加しました。なお、ワークショップの報告書が2006年7月にNIODから刊行されました。

Legacies of Violence

報告書目次  [ 2.19 MB ]PDFファイル