濵田 武士

[ 編集者:先端社会研究所   2014年7月10日 更新 ]

研究所スタッフ

【リサーチアシスタント】

濵田 武士
HAMADA, Takeshi

略歴

2010年3月 関西学院大学大学院社会学研究科修士号取得
2013年3月 関西学院大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学
2013年    関西学院大学大学院研究員(至現在)
2014年4月より現職、先端社会研究所リサーチアシスタント

研究分野

記憶、文化遺産、原爆

研究課題

広島原爆ドームの保存・遺産化を事例に、戦後の復興・平和に向けたプロセスと、負の出来事の記憶について研究している。

主要業績

「戦争遺産の保存──原爆ドームを事例として」『関西学院大学社会学部紀要』(116) 関西学院大学社会学部研究会, 2013年, pp.71-83.
「負の出来事と克服」『KG社会学批評』(3)関西学院大学先端社会研究所・関西学院大学社会学研究科, 2014年, pp.23-33. ほか