2014.09.27.
(数理科学部)ノルウェー Danielsen High School科学クラスが来校

数理科学部が国際交流(ノルウェー Danielsen High School)

 9月27日、ノルウェーのDanielsen Videregående skole (Danielsen High school)の校長先生、数学教員2名および科学クラスの生徒20名が関西学院の高等部数理科学部を訪問して、数学研究の実習をしました。
 Danielsen High schoolは数学オリンピックの代表を出したこともあるような名門校ですが、
高等部数理科学部の国際的な活動、評価がノルウェーにも伝わり、高校生による数学研究の方法を具体的に知りたいということで、昨年9月28日に続き、2度目の訪問となりました。

 宮寺良平教諭(理学博士)の、「与えられた問題を変形して新しいテーマを見つける方法」の授業の中で、実際に生徒達に新しいアイデアを出してもらったところ、Danielsen High schoolの生徒の一人が新しいタイプのJosephus Problemを提案。さっそく計算機で計算したところ、面白いパターンが見つかったため、今後も同じテーマを数理科学部とDanielsen High schoolがインターネットを活用して、共同研究を実施することになりました。
 
 研究授業の後は、参加者みなで神戸市内の観光をとおし、友好を深めることができました。今回の交流は英語で行われましたが、やはり北欧の優秀な生徒たちは英語に堪能でした。

研究授業の様子

DHS