7月2日 授業報告

【到達目標】 ①クラス(20人)で「平和」「便利」の定義を1つずつ作成することが出来る
          ②協働(グループワーク・質疑応答)して1つの定義を作ることが出来る


【今日の授業の説明】
 ・学びの記録の返却 / 新しいものの配布 (ルーブリックの提示)
 ・議論において大事にしてほしいこと(オンライン授業でのディスカッションの復習)
 ・ワークの趣旨説明
   

 【グループワーク:2つの定義を1つにする】
 ・「平和①」「平和②」グループの10名が、1つの定義を作り出す
 ・「便利①」「便利②」グループの10名が、1つの定義を作り出す
 ・後半のプレゼンテーションのまとめ
 ・教員2名は平和、便利グループのファシリテート
    

6月25日(木)WWLC3科目合同授業

 今年度より、WWLに関する2年生の必修選択科目として
 「AI活用」「ハンズオンラーニング」「グローバルスタディ」の3科目が新設されました。
 今回は、それら3科目の受講生がソーシャルディスタンスを守りながら一堂に会し、合同授業を実施しました。

   WWL3科目合同授業
 前半は各教科担当の教員より、授業の目標や取り組み、今後のスケジュール等についてイントロダクションを行ないました。
 後半は、各科目に分かれ、授業を実施しました。
 

    
 AI活用:「Aiとコロナ」をキーワードにコロナ感染症対策としてどのようにAIが使われているかについてグループ発表


 
    
 ハンズオン:問いに対する自分の主張について。議論する場においてのコミュニケーションのコツについて
 
 

    
 グローバルスタディ:グレタさんについての評価やとらえられ方についてグループワーク

オンライン授業期間

 5/11【到達目標】①「平和」「便利」という(主語なしの)抽象概念を、具体的に(主語ありの)自分事として捉えることが出来る
          ②ペアでの協働を通して、他者と納得する抽象概念の定義を構築・共有することができる
 <Zoom録画動画>
 ・事前にZoom動画録画しておいた、「担当者あいさつ」「授業のねらい」を授業が始まるまでに見ておくように指示
 (5/8に撮影、配信予定) 
 ・配信はOneDriveに保存したリンク先をClassiで伝える? Or ロイロに落として配信?
 ・動画は長くて10分程度

 <Live授業> 【解説】
 ・初回課題・2回目課題であった「『平和』『便利』の定義づくり・具体例の作成」の趣旨説明
 ・抽象的概念は主語なし、具体的概念は主語あり。その「具体的概念」こそハンズオンの「自分事にする」目的であることを説明。
 ・その後、全員の課題をロイロで全員で共有。担当者から生徒の課題例を参考にしながら「平和」「便利」を解説。

 <Live授業> 【グループワーク】
 ・ルーブリックの提示
 ・Zoomのブレイクアウトセッションで、2人×10グループ作成
 ・2人で、「平和」の定義を再構築。ロイロカードにどちらかがまとめ、時間内に提出。ペアの両方の名前を書かせる

 宿題はなし

 
 5/18【到達目標】①「平和」「便利」という(多くの場合主語なしの)抽象概念を、具体的に(主語ありの)自分事として捉えることが出来る
         ②ペアでの協働を通して、他者と納得する抽象概念の定義を構築・共有することができる
 <Live授業>【前回授業のフィードバック】
 ・前回課題の趣旨説明:1) 抽象と具体の概念理解   2) それを他者と共有する難しさの経験
 ・評価を返却
 ・良い例を紹介

 <Live授業>【本日の課題説明】
 ・前回同様の方法で、今回は「便利」の定義作りという課題
 ・抽象的概念においては、主に主語が捉えている対象が広範であることに対して、具体的概念は主語が明確でなければならないことが多い。
  その「具体的概念」こそハンズオンの「自分事にする」目的であることを説明。
 ・ルーブリック提示
 
 <Live授業> 【グループワーク】
 ・Zoomのブレイクアウトセッションで、2人×10グループ作成(15分)
 ・2人で、「便利」の定義を再構築。定義は、今回は紙に書き、写真を撮って、ロイロの提出箱に提出。ペアの両方の名前を書かせる。


 5/25【到達目標】①「平和」「便利」という(多くの場合主語なしの)抽象概念を、具体的に(主語ありの)自分事として捉えることが出来る
         ②いくつかのアイデア(定義)の共通点・相違点を見つけながら、1つに集約する際の判断軸や経緯を説明することが出来る
         ③グループでの協働を通して、他者と納得する抽象概念の定義を構築・共有することができる
 <Live授業>【前回授業のフィードバック】
 ・前回課題の趣旨説明:1) 抽象と具体の概念理解   2) それを他者と共有する難しさの経験
 ・評価を返却

 <Live授業>【本日の課題説明】
 ・課題内容:25人×4グループ(「平和」×2、「便利」×2)に分かれ、全ペアの定義をまとめたロイロカードの情報を基に、定義を再構築する(20分)
  →今後、ハンズオンの授業として「平和」「便利」の定義を1つ作り上げるための作業であることを説明。
 ・抽象的概念においては、主に主語が捉えている対象が広範であることに対して、具体的概念は主語が明確でなければならないことが多い。
  その「具体的概念」こそハンズオンの「自分事にする」目的であることを再度説明。
 ・具体的概念については5つ挙げること、またどのようにして各ペアの定義を1つに集約したのかの説明文の作成(30秒程度で発表できる内容)を求めることも説明。
 ・説明文を基に授業中に各グループ30秒で発表することを説明
 ・ルーブリック提示

 <Live授業> 【グループワーク】
 ・Zoomのブレイクアウトセッションで、5人×4グループ作成
 ・5人で「平和」「便利」の定義を再構築。定義・説明文は、紙に書き、写真を撮って、ロイロの提出箱に提出。グループ全員の名前を書く。
 <Live授業>【グループ発表】
 ・各グループ1名が、提出された定義を教員が画面共有した中で、30秒ずつその内容を説明。

 6/1【到達目標】①「平和」「便利」という(多くの場合主語なしの)抽象概念を、具体的に(主語ありの)自分事として捉えることが出来る            
          ②いくつかのアイデア(定義)の共通点・相違点を見つけながら、1つに集約する際の判断軸や経緯を説明することが出来る            
                    ③グループでの協働を通して、他者と納得する抽象概念の定義を構築・共有することができる
  【ポートフォリオについてのフィードバック】
 ・生徒たちから、前回課題の「協働」について思うことを言ってもらう
 ・いくつかのコメントを紹介
 →このような状況でも工夫して協働しようとする姿勢、恐れずに意見する雰囲気を作ってほしい
 ・課題の「変化」という言葉についての解説
    
 【前回課題についてのフィードバック】
 ・いくつかの定義を紹介
 ・どのようにしてその定義になったのか、についての説明がどのグループもなかったことについてコメント。
 ・今回の課題ではルーブリックの項目内にある「数ある抽象概念の定義から、共通点・相違点(軸)を見出し、1つの定義にまとめる」ということを、
  グループの代表者ではなく、各自で書き、それを提出させることを伝える。

 【本日の課題説明】
 ・課題内容:前回と同じ25人×4グループ(「平和」×2、「便利」×2)に分かれ、全ペアの定義をまとめたロイロカードの情報を基に、定義を再構築する(20分)
  →今後、ハンズオンの授業として「平和」「便利」の定義を1つ作り上げるための作業であることを説明。
 ・抽象的概念においては、主に主語が捉えている対象が広範であることに対して、具体的概念は主語が明確でなければならないことが多い。その
 「具体的概念」こそハンズオンの「自分事にする」目的であることを再度説明。
 ・具体的概念については5つ挙げること、またどのようにして各ペアの定義を1つに集約したのかの説明文の作成(30秒程度で発表できる内容)を求めることも説明。
 ・説明文を基に授業中に各グループ30秒で発表することを説明
 ・ルーブリック提示

 【グループワーク】
 ・Zoomのブレイクアウトセッションで、5人×4グループ作成
 ・5人で「平和」「便利」の定義を再構築。定義・具体例は、グループの代表者が紙に書き、写真を撮って、ロイロの提出箱に提出。
  どのようにグループの定義が作られていったかについての説明文は、各自がロイロの提出箱に提出。

 <Live授業>【グループ発表】
 ・各グループ誰か1名が、提出された定義を教員が画面共有した中で、30秒ずつその内容を説明。


 6/8【到達目標】①自分たちが考えた定義を用いて、事例を考察することが出来る
 【ポートフォリオについてのフィードバック】
 ・課題の「変化」という言葉についての解説
 ・「学びを自分事にする」ことの解説
 
 【前回課題についてのフィードバック】
 ・いくつかの定義を紹介

 【今回の課題につての説明】
 ・「事例」を考察する → 自分たちが作った平和と便利の定義を用いて、「問題提起」をし、何らかの「主張」をする 
 ・前回の4グループ(「平和」×2、「便利」×2)を2つに分け、平和と便利が混ざるグループを作成。
 ・授業中には、「問題提起」のみロイロの提出箱で提出させる
 ・宿題で、「問題提起」から「主張」までを400文字でClassiアンケートで各自記入する

 【グループワーク】
 ・Zoomのブレイクアウトセッションで、5人×4グループ作成
 ・授業中には、「問題提起」のみロイロの提出箱で提出させる
 ・宿題で、「問題提起」から「主張」までを400文字でClassiアンケートで各自記入する

 宿題指示・まとめ

休校期間課題

  目標1) 生徒たちが、授業の大テーマ「平和」「人権」(中テーマ「戦争」「エネルギー問題」)について、自分なりの定義を語ることができる
  目標2) 生徒たちが、「戦争」「エネルギー問題」について調べて、知識を得ることができる

 <休校期間中課題①> 
 「平和」と「便利」について、言葉の定義を自分で考えてください。
 それぞれ1枚ずつのカードにまとめてください。辞書や百科事典の編集者になったつもりで、定義(もしくは意味)を自分の言葉で文章化することが目的です。
 複数考えられる場合は、箇条書きでも構いません(例:①~。②~。…)。
 ◎1枚1分程度で発表できる内容にまとめてください。(学校再開後、発表する予定です。)

 <休校期間中課題②:2つ>
 課題① 各自で考えた「平和」と「便利」の定義に、自分の生活をあてはめて考えたときの具体例を加えてください。
     皆さんが考えた「平和」と「便利」という語の定義を少し具体的にする作業として、
2つの語の定義に「自分の生活に当てはめたときの具体的な例」を書き加えてください。

     各語に複数の定義がある人が多くいますが、どれか1つの定義だけを選んでくれて構いません(複数に書いてくれてももちろん可)。
     第1クールで提出したカードに上書きする形で、再度提出してください。
 課題② 現代における「人と人との衝突(戦争を含む)」の事例を2つまとめてください。
 ・自分が生まれた日から現在までの期間を「現代」の対象とします。
 ・事例は2つ調べ、それぞれ1枚ずつのカードにまとめてください。
 ・誰と誰(何と何)が何について争っているのかを明らかにしてください。
 ・事態が終結したのか、継続しているのかを明らかにしてください。終結した場合、どのような終結となったかを説明してください。
 ◎1枚2分程度で発表できる内容にまとめてください。(学校再開後、発表する予定です。)

 <休校期間中課題③>
 資料を参考に、現在日本で利用されている様々な発電方法のメリットとデメリットをまとめる。
 注:配布資料に掲載されている発電方法以外にも、現在日本では利用されているはずです。調べてください。
 ◎1枚1分程度で発表できる内容にまとめてください。(学校再開後、発表する予定です。)