11月22日 第17回目(2学期8回目)授業報告

 第17回目の授業報告はこちら(PDF)

     

11月8日 第16回目(2学期7回目)授業報告

 第16回目の授業報告はこちら(PDF)

   

10月25日 第15回目(2学期6回目)授業報告

  第15回目の授業報告はこちら(PDF)

     

10月18日 第14回目(2学期5回目)授業報告

  第14回目の授業報告はこちら

   

10月4日 第13回目(2学期4回目)授業報告

  第13回目の授報告はこちら(PDF)

 

9月27日 第12回目(2学期3回目)授業報告

  第12回目の授業報告はこちら(PDF)
   

9月20日 第11回目(2学期2回目) 授業報告

  第11回目の授業報告はこちら(PDF)

   

9月6日 第10回目(2学期1回目) 授業報告

  第10回目の授業報告はこちら(PDF)

    

6月28日 第9回目 授業報告

  第9回目の授業報告はこちら(PDF)

6月21日 第8回目 授業報告

  第8回目の授業報告はこちら(PDF)

 

6月7日 第7回目 授業報告

  第7回目の授業報告はこちら(PDF)

 

5月31日 第6回目 授業報告

  第6回目の授業報告はこちら(PDF)

   

5月24日 第5回目 授業報告

  第5回目の授業報告はこちら(PDF)

   

5月10日 第4回目 授業報告

  第4回目の授業報告はこちら(PDF)  


   

4月26日 第3回目 授業報告

  第3回目の授業報告はこちら(PDF)

 

4月19日 第2回目 授業報告

  第2回目の授業報告はこちら(PDF)

   

2022年4月12日 3年生初回授業

   第1回目の授業報告はこちら(PDF)

   

2022年2月24日 2年生最終授業報告

    

    

2月17日 授業報告

    各科目からの提言「平和構築の方法」 ポスタープレゼンテーション 発表コンテスト

  

2月3日 授業報告

 【到達目標】①高校生平和大使・平和サポーターと出会い、自分の言葉で平和を語れるようになる。
       ②私の平和を実現する方法を他者がどのように感じるのかを知り、ブラッシュアップする。

  高校生平和大使・平和サポーターから、平和活動に携わりたいと思った理由、兵庫県で行っている活動、活動を通して変化したことなどをプレゼンしてもらう。
  生徒が私の平和を実現する方法を発表し、ディスカッションする。それぞれが考えた方法の、良い点、矛盾点を話し合う。  

      

1月27日 授業報告

 【到達目標】①被爆ピアノを修理し、コンサートを続けておられる矢川光則さんについて知る。
       ②自分の日常、自分のもっているもの、自分の人脈、自分の個性・能力の延長線上に平和を実現する方法があることを知る。
       ③「相生橋」のレコードを聞き、後世に残す遺物について考える。

  矢川光則さんのDVDを見ながら、その活動内容を学ぶ。
  
  生徒が一年間を振り返り、私の平和を実現する方法を発表する。

   

1月13日 授業報告

 【到達目標】

    

11月25日 授業報告

  【到達目標】①   「善いサマリア人のたとえ」から平和について考える。
        ②マインドマップ作成から2度の出前授業にかけて、自分の中で2学期の学びを構築する。

  ・聖書の登場人物の中から「優しい人」をあげさせ、優しさの定義を考える。
  ・「善いサマリア人のたとえ」を読んで、なぜ旅人を見捨てた人と助けた人に分かれたかを考える。
  ・「善いサマリア人のたとえ」が語る優しさの定義を考える。
  ・「善いサマリア人の法」を学ぶ。

  

  マインドマップ作成から2度の出前授業まで、2学期の学びを自分の中で構築する。
   ・2学期の最終課題の説明。
   ・現在のそれぞれの学びの共有。
   ・更なる疑問点の共有。

    

11月18日 授業報告

  【到達目標】①2年必修選択学習報告会(Cross-Curriculum Meeting)への参加。
        ②関西原子力懇談会の出前授業(前回出前授業による質疑応答)に取り組む。


  2年必修選択学習報告会(Cross-Curriculum Meeting)への参加。

    

  関西原子力懇談会を招いて、前回(10月21日)の出前授業による質疑応答に取り組む。
 ・前回の出前授業より集めた質疑に答えていただく形で出前授業が進行。
 
 ・その後、さらに質疑応答を展開する。
  
    

11月11日 授業報告

  【到達目標】①キング牧師よりも先に非暴力運動を行っていた日本人がいたことを知る。
        ②非暴力が無抵抗ではないことを知る。
        ③阿波根昌鴻さんの非暴力運動をお弟子さんである榎本恵先生から学ぶ。

  榎本恵先生より阿波根昌鴻さんとの活動を講演頂く。

  質疑応答の中で、阿波根昌鴻さんの非暴力運動の具体例、特に残された言葉から、自分自身の非暴力運動について考える。
 
    

10月21日 授業報告

  【到達目標】①関西原子力懇談会による出前授業に取り組む。
        ②授業の司会進行を務める。
        ③授業の内容とこれまでの自分達の学びを統合し、建設的な質疑応答に努める。

  

  関西原子力懇談会を招いての出前授業。
   ・挨拶 原田

   ・これまでの授業の発表(関西学院高等部)

   


 原子力の歴史と放射線 講義・実験
  講師:関西原子力懇談会 副部長 森口由香さま

      

 エネルギーミックスと原子力 講義
  講師:関西電力送配電株式会社 阪神配線営業所 久家大輔さま

  

   原子力発電をめぐる状況 
    講師:関西原子力懇談会 副部長 森口由香さま
   ― 福島第一原子力発電所事故の概要
   ― 原子力発電所の安全対策(新規制基準)
   ― 世界の原子力発電
   ― 原子力発電と世論
   質疑
 

10月7日 授業報告

 【到達目標】①「原子力」をキーワードに作成途中であるマインドマップの完成に取り組む。
       ②マインドマップにまとめた観点ごとに調べ学習を開始する。

  マインドマップを精査する。
  ・観点を分かりやすく整理する。
  ・主語を明確にし、問いの論点を誤解なく示す。

  マインドマップについて、調べ学習を開始する。

      

9月30日 授業報告

  【到達目標】①2学期の授業計画・行事のスケジュールを確認し、役割分担をする。
        ②「原子力」をキーワードに作成途中であるマインドマップの完成に取り組む。
 

  2学期のエネルギー回の授業計画と、行事の説明。
   ・出前授業、クロカリ、生徒交流会の3つの分担を決める。
   ・マインドマップ作成から出前授業までのフローを確認する。

  マインドマップを精査する。
   ・観点を分かりやすく整理する。

  マインドマップを精査する。
   ・観点を分かりやすく整理する。
   ・すぐに調べられるものはその場で調べ、疑問を解決する。もしくは、さらに発展的な問いへと変化させる。

   

9月16日 授業報告

 【到達目標】①長崎研修旅行で学んだことを7分という枠の中で発表する。
       ②社会で知られていないことを、人前で語ることができるようになる。
       ③他者の発表を聞き、自分との考えの違いについて考える。

  前半 一人7分の持ち時間で4名、長崎研修旅行について発表する。
  後半 一人7分の持ち時間で3名、長崎研修旅行について発表する。
  まとめとして、「千葉プラン」について学ぶ。 

    

9月9日 授業報告

 【到達目標】①キング牧師よりも先に非暴力運動を行っていた日本人がいたことを知る。
       ②非暴力が無抵抗ではないことを知る。
       ③阿波根昌鴻さんの非暴力運動の具体例を知る。

  キング牧師の歩みを振り返る。阿波根昌鴻さんの生涯を学ぶ。(45分)
  
  阿波根昌鴻さんの非暴力運動の具体例から、自分自身の非暴力運動について考える。(45分)

  
    

7月1日 授業報告

 【到達目標】①それぞれが選んだミッションスクールの歴史を知る。
       ②それぞれのミッションスクールの歴史から平和を実現する方法を考える。

  一人7分の持ち時間で4名、戦前、戦中、戦後のミッションスクールについて発表する。(45分)
  一人7分の持ち時間で3名、戦前、戦中、戦後のミッションスクールについて発表する。(45分)
  まとめとして、平和学の定義を学ぶ。

    

6月24日 授業報告

 【到達目標】①2年必修選択学習報告会(Cross-Curriculum Meeting)への参加。
       ②Second International Online Meeting参加の準備。

 2年必修選択学習報告会(Cross-Curriculum Meeting)への参加。

 Second International Online Meeting参加の準備。  
 ・実際の動きの確認。  ・自己紹介原稿の整理。

      

6月17日 授業報告

 【到達目標】①梅光女学院の歴史を知る。
       ②戦前、戦中、戦後の当事者たちの証言から平和を実現する方法を考える。

 元梅光女学院歴史編纂室勤務の野口先生の講演を聞く。
 野口先生への質疑応答。
  特に平和を実現する方法を話し合う。 戦争を知らない私たちの「生きる意味」とは何かを話し合う。 

   
 

6月10日 授業報告

 【到達目標】①「原子力」をキーワードにマインドマップを作成する。

 学びの記録のフィードバック  
 ・生徒2より フランスの原子力発電の例    
  環境の違いを考慮した議論の必要性。端的に事柄のみで議論することはできない。  
 ・生徒3より 関電 電力不足に関するニュース  
 ・生徒4より フランスの住民の理解    
  住民の理解はどこからきているのか ⇒ メディアや教育の重要性に気づく。

 「原子力」をキーワードに  
 ・「~とは?」、「~である」の形で思いつくことを書き出す。

 「原子力」をキーワードに書き出した「~とは?」、「~である」を使って、マインドマップを作成する。

    

6月3日 授業報告

 【到達目標】①福岡女学院の歴史を知る。
       ②戦前、戦中、戦後の当事者たちの証言から平和を実現する方法を考える。

 元福岡女学院中学高等学校校長の二田先生の講演を聞く。
 
 二田先生への質疑応答。
  特に平和を実現する方法を話し合う。戦争を知らない私たちの「生きる意味」とは何かを話し合う。 

 

5月27日 授業報告

 【到達目標】①エネルギーミックスについて知識を深める。
       ②様々な発電方法について知識を深める。

 学びの記録のフィードバック  
 ・生徒①より「ミックス」する必要性への気づきの紹介。
 各発電方法について調べ学習を行う。(iPadで調べられる範囲で)
 担当を決めて、共有する。

 電気を発生させる仕組みを確認する。
 直接回すor蒸気の力で回す
 火力・原子力については、「やかんでお湯を沸かすことと同じ仕組み」⇒やかんを温めるのに使うものが違う。

 そこから、「原子力」について、「何を知っていて、何を知らないのか」に疑問を持たせる。
 

   

5月13日 授業報告

 【到達目標】①鎮西学院の歴史を知る。
       ②生き残った方々がどのような思いで戦後を生きられているのかを知る。

  全員でクラス写真を撮り、しばらく見つめる。→とりとめもない感想を話し合う。
  鎮西学院のDVD「あの日僕らの夢が消えた」を見る。

  DVDを見た感想を話し合う。
  生き残った人は「生きる意味」について何と言っているか話し合う。
  戦争を知らない私たちの「生きる意味」とは何かを話し合う。

   

5月6日 授業報告

  【到達目標】①「便利」がどういうことかを知る。
        ②「便利」な生活を支えるためには「エネルギー」が必要であることに気づく。

 「便利な物」をキーワードに、具体的に思う株ことを列挙する。
 そこから、
 1.不可能を可能にするもの(必要不可欠であるもの)
 2.現状をより良くするもの
 この2つが便利の中に混在することに気づかせる。
 便利な世の中を形成・維持するために、SDGsにおいても各国が頭を悩ませている問題として、エネルギー問題に結びつける。

 エネルギーミックス(電源構成)について説明をする。
 3つのグループに分かれて、自分達が理想とするエネルギーミックスを考え、発表する。
 自分達の発表内容と、関電の2030年度目標とを比較する。
 関電のHPをロイロで配信する。

  

  

4月22日 授業報告

 【到達目標】①平和について学ぶ方法を知る。 ②今学期の自分の発表の題材を決める。

 1 謎がある時、どうするか。

 2 「エマオの途上」の聖書箇所の説明 
   ①あなたが謎に思ったことは何ですか。
   ②弟子たちの謎は何ですか。     

 3 紙芝居を(映像として)見る。
   ①あなたが謎に思ったことは何ですか。
   ②弟子たちの謎は何ですか。     

 4 弟子たちはその謎とどう向き合ったか。
   西に向かう。エルサレムを背にしている。逃げる。
   他者につらく当たる。「あなたはそんなことも知らないのですか」
   話し合い論じ合う。自分のスケールに当てはめて分かろうとする。

 5 旅人(イエス)は謎の解き方をどのように教えているか。
   忍耐力をもつ。
   自分のスケールに当てはめて分かろうとしない。神のスケールで考える。
   歴史を振り返る。

 6 日本のミッションスクール分布
   どこを知っていますか。あなたとの関係性は?

 7 今後の予定
   5月13日 鎮西学院の歴史と7月1日に行うプレゼンの説明
   6月3日  福岡女学院の歴史 仁田真知子先生(元福岡女学院中学・高等学校校長)
   6月17日 梅光学院の歴史  野口周三氏(元梅光学院歴史編纂室勤務)
   7月1日  一人7分のプレゼン
    
   *歴史を聞く時の注意
     戦争(太平洋戦争)の頃のことを知っておられる方は少ない。
     年配の方のお話は上手ではないかも知れない。それでも何とか聞き取る。
     あなたが次の語り部になるために。

   

   
 

2021年4月15日 2年生初回授業報告

 【到達目標】①WWLCのねらい、授業の目標、学びの記録の書き方など、授業の概観を理解する
       ②「良い(住みやすい)世界」を目指す上で、平和(仮)と便利の概念に分かれることを理解する。

 【WWLCの授業についてのガイダンス】3科目合同授業(以下の項目について、徳田先生と原田がそれぞれ担当を講義)
  ・授業のねらい、目標 
  ・身につけてほしい力 
  ・学びの記録の書き方
  ・評価の方法

 【ハンズオンのガイダンス】
  ・良い世界(住み心地の良い世界)とはどんな世界、様子、事柄を示すか、書き出す。
  ・挙げられたものをグルーピングし、そのグループが持つ抽象的なイメージを捉える。
   →「平和」という言葉は「戦争」と対比される場合と、「不便・不安定」と対比される場合とがあることに気づかせる。
  ・次回以降、「平和(仮)」と「便利」のテーマに分かれて、各週で授業を行うことを説明する。