海外フィールドワーク2018(カンボジア)

[ 2018年9月25日 更新 ]

   日 時:2018年8月10日(金)~16日(木) 5泊7日
   訪問先:カンボジア シェムリアップ
   目 的: カンボジアの歴史・文化や、日本が現地で実際に行っている国際協力の現場
       (NGOや海外協力隊)の活動などを学ぶ。
       今後の課題研究に取り組むうえで、国際協力に関する実践の場を体験する。
   参加生徒:GLP2年生16名 

海外フィールドワークを実施しました

海外FW2018-1

GLP2年生16名が参加

 8月10日(金)から16日(木)の7日間、GLP2年生16名が海外フィールドワークに参加し、カンボジアのシェムリアップ市を訪れました。現地では、アンコール・ワットやアンコールクラウ村、バイヨン中学校などを訪問し、カンボジアの歴史や現状を学んだり、農村部に住む子どもたちとの交流を深めました。アンコール高校では、同世代の学生たちとゴミ問題や環境・貧困についてディスカッションを行いました。また、NPO法人SALASUSUが運営する工房や遺跡修復作業など、国際協力の現場も視察しました。
 以下に、主な活動内容と参加した生徒の感想・振り返りをまとめました。

事前学習

海外FW2018-2

メアス博子氏の講話

 第1回 自己紹介&行程内容の確認
 第2回 カンボジアについての勉強会
    カンボジア在住19年、2000年からシェムリ
    アップにて児童養護施設「スナーダイ・クマエ」
    の運営に携わるメアス博子氏よりお話を伺う
 第3回 映画鑑賞・現地語の学習・しおり作成
 第4回 最終確認・学校交流会のリハーサル

1日目 シェムリアップ着

  日本を出発 
   ハノイ経由でシェムリアップ国際空港に到着、その後市内へ

2日目 カンボジア概観

 ◆日本国政府アンコール遺跡救済チーム(*JASA)オフィスにて、*JST代表チア・ノル氏による
  ガイダンス
 ◆キリングフィールド、アンコール・ワット見学

【生徒の感想・振り返り】
 「ポル・ポト時代の話を始めて詳しく聞き、知識層の虐殺だけでなく家族制度も解体されて、カンボジアの発展を阻止する大きな原因となったことが分かりました。さらにフランスの植民地支配も原因であったことを知り、二度とこのようなことがあってはならないと思いました。世界中に行って視野を広げることで、相手を理解する大切さを身をもって感じました。上智大学チームの三輪さんもおっしゃっていたようにその国のことを学ぼうとする姿勢が大切だと思いました。」

 「現在、多くの国がアンコール・ワット修復に携わっている。日本もその一つだ。しかし、修復・保存へのアプローチは国によって異なる。ヨーロッパの国は最新の技術を用いての補強を進めている。一方、日本はアンコール・ワット建設時に使われたオリジナルの技法を解析し、修復に使用している。日本には災害に強い耐震技術がある。しかし、カンボジアは自然災害がほとんどないということを考慮して、日本が誇る技術をあえて使わず、カンボジアの風土に合った独自の技術を尊重し、使っていた。それがその国を第一に考えるということなのだと思った。実際に、このような日本の姿勢はカンボジアの人から共感され、今ではカンボジアの技術者もアンコール・ワット修復の意義を自分の言葉として後輩技術者に熱心に伝えるようになっているそうだ。今までは国際協力と聞くと相手に何をしてあげられるかを考えがちだったが、今回の研修を通して、国際協力とは相手にとっていいことだと決めつけて一方的に与えることではなく、相手から学びそれを活かして共に考えることだとわかった。また、現地の人たちが意義を感じ、彼ら自身が担っていけるように機会と技術を共に学び、支えることが国際協力なのだとわかった。」

海外FW2018-3

チア・ノル氏によるガイダンス

全 3 ページ中、1 ページ目を表示中