卒業生紹介

[ 2018年9月25日 更新 ]

神戸大学大学院 医学研究科外科系講座 災害・救急医学分野 教授/ 兵庫医科大学 救急・災害医医学講座 特別招聘教授 小谷 穣治さん(31期生)

身についたのは斬新な発想力と自力で乗り越える力

消化器外科医として15年、救急外科医として15年携わり、現在は外傷・救急・集中治療が専門。さらに、感染症予防の免疫の研究、そして、学生に外科学・救急医学のおもしろさを伝える教育にも携わっています。  関西学院高等部時代は何もかも自由。自分で考え、自分で計画し、自分が行動しなければ何も始まらない環境でした。いろいろな才能が渦巻いていました。そんな中で、何でも自分の世界に取り込んで考え、おもしろさを見つける。逆境の中でも「何とかなる!」と前向きな姿勢でチャレンジしていくという関学イズムが、今でも私の中に浸透していると感じます。