ハラパン高校来日(GSⅢ通信型交流授業・実地研修)

[ 2018年7月19日 更新 ]

日時 : 6月11日(月)~16日(土)
研修(訪問)先 :関西学院高等部、西宮クリーンセンター、京都嵐山、西宮神社など
参加者 : 高等部GGP/GLP生
ハラパン職業訓練高校(インドネシア・バリ島デンパサール)の生徒10名および
校長・教員・ティーチングアシスタント4名(計14名)
概要目的 : Skype等のICTを利用して交流授業を行っているハラパン高校と、ホームスティやフィールドワークを通して更なる交流を深め、授業体験や英語によるグループ別ディスカッションにて両国の文化や社会について知り、互いの課題に取り組む姿勢を養う。

4月より本格的にスタートした通信型交流授業(GSⅢ)

ハラパン通信型授業

関西学院高等部では現在、SGH事業の一環であるグローバル・スタディ(GS)Ⅲ(GLP3年生対象)にて、Skypeを利用した通信型授業に取り組んでいます。その交流先であるハラパン高校より6月11日~16日の6日間、高校生10名と教員他4名の計14名が来日し、高等部生との交流を深めました。
 ハラパン高校はインドネシア・バリ島デンパサールに位置する職業訓練高校です。今年度より、ハラパン高校および交流事業を推進しているウィズ・ザ・ワールド社と高等部が連携し、4月から本格的に通信型交流授業がスタートしました。

日本滞在期間中ハラパン高校の生徒たちは、ゴミ処理場の見学や観光名所を訪れたり、日本文化に直接触れてもらうため地元の祭りに参加したりと、ゴミへの問題意識や日本の伝統的文化・習慣について実際に足を運んで調査し学んでいただきました。

ハラパン高校ご一行 来日スケジュール

ハラパン高校来日1

6月11日(月) 関空着 入国
6月12日(火) 西宮クリーンセンター訪問、神戸ハーバーランド観光
6月13日(水) 嵐山観光
6月14日(木) ホストファミリーとの交流、西宮神社・御輿屋(おこしや)祭に参加
6月15日(金) 高等部にて実地研修、歓迎式典、授業参加、クラブ体験、フェアウェルパーティ
6月16日(土) 関空発 帰国

⇒⇒【次頁より】ハラパン高校生との合同授業(関西学院高等部にて)

全 4 ページ中、1 ページ目を表示中