2016年度SGH事業成果発表会

[  2017年2月9日   更新  ]

2016年度SGH事業成果発表会 実施報告

1月26日(木)午後より高等部特別教室棟にて、SGH指定校とSGHアソシエイト校関係者及び教育関係者を対象に2016年度SGH事業成果発表会を開催しました。

第1部では、まず本校のSGH事業概要と主な実施プログラムの紹介、また今年度のグローバル・スタディ授業の内容・成果と振り返りなどについて説明いたしました。次に、関西学院大学高大接続センター次長・高大連携課長の尾木 義久氏による、『文部科学省大学入学者選抜改革推進委託事業(主体性等評価)について ~高大接続改革の今後「学びに向かう力をどう育むか、どう評価するか」~』をテーマとした基調講演を行いました。さらにGlobal Study(GS)Ⅲの代表生徒が、「3年間のGLPでの学び」についてプレゼンテーションを行いました。

成果発表1

   尾木氏による基調講演          GLP3年の代表生徒による発表

第2部では公開授業を実施しました。GSⅠ(GLP1年生対象)・GSⅡ(GLP2年生対象)の授業見学、GSⅢ(GLP3年生対象)のグループ別成果報告・ポスターセッションおよびGGP(General Global Program)1年生によるグローバル・ポスターセッションを行いました。

成果発表2

公開授業風景(GSⅠ)          公開授業風景(GSⅡ)

成果発表4

公開授業内プレゼンテーション(GSⅠ)      公開授業内プレゼンテーション(GSⅡ)

成果発表3

GGP1年生のポスター

GLP3年生にとってはSGHプログラムに参加した3年間の集大成となる成果発表であり、ご来訪いただいた先生方からは、大変貴重なご支援・ご指導など多くのお声掛けをいただきました。お忙しい中ご参加いただきました皆様には、改めて感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

成果発表5

3年生成果報告・ポスターセッション(GSⅢ)