海外フィールドワーク(カンボジア)

[ 2016年10月4日 更新 ]

8月20日(土)

訪問先:アンコールワット、JASA*、JST*
研修テーマ:カンボジア概観、歴史と遺跡修復支援について

「この研修はたった1週間という短い期間であったが、とても密度の濃いスケジュールで学ぶことがたくさんあった。強く印象に残ったものは、アンコール遺跡群の圧倒的な迫力とアンコールクラウ村をはじめとした子どもたちの笑顔だ。一方で、町から10km足らずの村周辺の道路は舗装されておらず、水や電気がほとんどない生活を強いられており、『格差』の問題が著しく見受けられた。この問題を今後の課題研究の題材に組み入れたいと考えている。」(牛場)


チア・ノル氏による遺跡案内


アンコールクラウ村の民家           シェムリアップの街中の様子

全 6 ページ中、2 ページ目を表示中