海外フィールドワーク(カンボジア)

[ 2016年10月4日 更新 ]

海外フィールドワーク 参加報告


アンコールワットにて

8月19日(金)から25日(木)にかけて、海外フィールドワークでカンボジアのシェムリアップを訪問しました。
GLP2年生のうち12名が参加しました。
海外フィールドワークの目的は、カンボジアの歴史や文化を学び、現地で日本が行っている国際協力の現場やNPO、海外協力隊などの活動について学び、今後の課題研究に取り組むうえで、国際協力に関する実践の場を体験することです。
ここでは主な日程と活動報告、および参加した生徒の感想を掲載いたします。

注記:
   *JASA(日本国政府アンコール遺跡救済チーム)JAPAN-APSARA Safeguarding Angkor
   *JST (アンコール遺跡の保全と周辺地域の持続的発展のための人材養成支援機構)
         Joint Support Team for Angkor Preservation and Community Development
   *AKC(アンコールクラウ村コミュニティーセンター)Angkor Krau Community Center

全 6 ページ中、1 ページ目を表示中