GGPグローバルセミナー<ゴードン門田氏>

[ 2015年11月24日 更新 ]

GGPグローバルセミナー<ゴードン門田氏>

 11月20日(金)高等部全生徒を対象に、関西学院同窓会 前バンクーバー支部長で、高等部第4期卒業生でもあるゴードン門田氏をお招きし、グローバルセミナーを開催しました。
門田氏は戦時中に関西学院の学生でした。「混乱した社会の中で、関西学院のスクールモットーである”Mastery for Service”を考える余裕はほとんどなかった。」と当時を振り返っておられました。
 今回の講演では、日系2世としてカナダに生まれ、戦争、差別という歴史の大波を乗り越えてこられた、その貴重な経験を元に、History, Identity, Knowledge, Motivationの4つのキーワードを挙げて、改めて関西学院のスクールモットーである”Mastery for Service”についてお話してくださいました。「日本は豊かな国だが、決してそれにおぼれてはいけない。人間は楽な方へ逃げようとして怠け者になってしまう。生きていくうえでこの4つのことを意識し、視野を広げ、自らの生涯を拓けていってほしい。」と熱いエールをいただきました。
 講演を聞いた生徒は、「世界で活躍されているゴードン氏から世界市民となるために必要な4つのことを教わり、日本と世界の「架け橋」になれるように生活の中で実践していこうと思いました。」と述べました。