校歌 Old Kwansei

大学開設をめざした関西学院は、将来の発展にそなえて、1929年 3月、神戸の東郊・原田の森から西宮の上ケ原に移転。上ケ原の新しい空気は新しい校歌作成の気運を生みました。当時は英語の歌詞による“Old Kwansei”が校歌として歌われていました。1900年に初めて歌われたというから、日本の大学の校歌のうちでももっとも古いものに属するといわれています。格調の高い調べと重厚なハーモニーをもつこの歌は、しかし、アメリカ東部の名門校プリンストン大学のカレッジ・ソング“Old Nassau”(H.P.Peck 作詞、K.A.Langlotz 作曲)の歌詞と旋律を一部改編したものでした。

『Old Kwansei』
Herlan Page Peck 原詞/修正者未詳、Karl A.Langlotz 作曲

ダウンロード

Ⅰ.Tune ev'ry heart and ev'ry voice,
Throw ev'ry care away;
Let all with one accord rejoice,
In praise of Old Kwan-sei;
cho. In praise of Kwan-sei Gakuin;
In praise of Old Kwan-sei;
Her sons will give, while they shall live,
Banzai, Banzai, Kwan-sei !
Ⅱ.Let music rule the fleeting hour,
Let gladness fill the day;
And thrill each heart with all her power,
In praise of Old Kwan-sei
cho. In praise of Kwansei Gakuin,
In praise of Old Kwan-sei,
Her sons will give, while they shall live,
Banzai, Banzai, Kwan-sei !
Ⅲ.No flow'ry chaplet would we twine,
To wither and decay;
The gems that sparkle in her crown
cho. Shall never pass away.
Shall never pass away Kwan-sei,
Shall never pass away,
Her sons will give, while they shall live,
Banzai, Banzai, Kwan-sei !

カレッジソング“Old Kwansei”~ 校歌「空の翼」関連ページへのリンク