司法研究科

“Mastery for Service”を礎に
21世紀の法曹界をリードする人材を育成

司法研究科は、関西学院のスクールモットーである“Mastery for Service”を体現する法曹を育成するために、2004年4月、ロースクール制度の発足と同時に開設されました。司法研究科がめざす法曹の姿は「人権感覚豊かな市民法曹」「企業法務に強い法曹」「公務に強い法曹」「国際的に活躍できる法曹」の4つ。いずれの分野においても、一般的に要求される法曹としての基本的能力や資質に加え、法的問題の多様化・専門化・国際化に確実に対応できる能力の習得を図ります。豊かな人間性や責任感、高度な倫理観を備え、社会に貢献しうる法曹を養成することにより、21世紀の法曹界を支える人材を世の中に送り出します。

司法研究科での学び

研究者教員と実務家教員の密接な連携によって、理論と実務を融合した学びのシステムを構築しています。理論教育は研究者教員、実務教育は実務家教員に任せるという分業体制ではなく、実務家教員も基礎・理論科目を担当するほか、研究者教員が実務科目に協力する体制を取っています。このほか、ロースクールに入学してから法律を勉強しはじめた法学初学者を対象にした教学補佐制度も導入しています。

特色

  1. 法学未修者には1年次に基礎知識からきめ細かく指導。2年次から本格的な法学の学習を行うことができるように、実力アップを図ります。
  2. 模擬依頼人の依頼を受けて事件の解決にあたる実践的授業を行っています。
  3. 徹底した少人数教育を実践。例えば「法律基本科目群」では1年次を1クラス約15名、2年次を10名程度(一部科目を除く)にしています。
  4. 阪急西宮北口駅から西宮北口キャンパスまで徒歩1分。大阪・神戸・宝塚からのアクセスにも便利です。

担当教員・カリキュラムなど