2019.12.13.
SDGs・働き方改革・ダイバーシティシンポジウムを開催しました(2019/11/8)

学校法人関西学院ダイバーシティ推進本部主催のシンポジウム『SDGs・働き方改革・ダイバーシティがもたらす大学の未来』を開催いたしました。
 
◆日  時:2019年11月8日(金)14時20分~16時50分
◆会  場:関西学院会館 光の間(西宮上ケ原キャンパス)
◆当日プログラム
開会挨拶 柳屋 孝安(学校法人関西学院ダイバーシティ推進本部長・常任理事)
第1部 SDGsの理解を深め、大学との関連を知る
 1.SDGsと日本 西野 桂子(関西学院大学総合政策学部教授 国連・外交統括センター)
 2.ダイバーシティ、働き方改革がもたらす大学変革 吉武 博通(公立大学法人首都大学東京 理事)
第2部 パネルディスカッション、ワークショップ
 大学に求められる変革とは?-関西学院を事例に考える-
 吉武 博通(公立大学法人首都大学東京 理事)
 西野 桂子(関西学院大学総合政策学部教授/国連・外交統括センター委員)
 阪  智香(関西学院大学商学部教授/学長補佐/ダイバーシティ推進本部委員)
 西村  智(関西学院大学経済学部教授/ダイバーシティ推進本部委員)
 小橋 康昭(学校法人関西学院 人事部人事課長)

◆◇◆
2019年4月1日に、男女共同参画推進本部からダイバーシティ推進本部へと改組後、初めての講演会を開催しました。その第一歩として「SDGs」をテーマとし、働き方改革やダイバーシティの推進といった幅広い課題に関するご講演をいただきました。
第1部の講演では、西野氏からSDGsに関する基礎的な知識提供後、SDGsの中でも特に大学を取り巻く状況変化とダイバーシティの必要性について吉武氏よりお話いただきました。
第1部の講演を踏まえ、第2部ではパネルディスカッションと参加者間での「ダイバーシティと働き方改革」をテーマにグループディスカッションを行いました。参加者からは「SDGsへの理解を深めることができた」「大学間での意見交換ができ、参考になった」等の感想が寄せられ、今後大学でのSDGsの活動を進めるための有益な講演会となりました。
最後に吉武氏からは「ダイバーシティの推進は簡単ではない。ダイバーシティの推進には地道に信念をもって取り組んでいくことが何よりも重要である。」とコメントがあり、関西学院でもさらなるダイバーシティの推進に向けて、取り組みを続ける必要があると痛感しました。
※最終参加人数:52名