2020.07.07.
肥田栞奈さん(後期課程2年生)学会賞受賞!

2020年6月8日に開催された「日本語誤用と日本語教育学会」において、本研究科後期課程2年生の肥田 栞奈(ヒダ カンナ)さんが学会賞第3位を受賞されました。

論文のタイトル:中国語母語話者日本語学習者の提題助詞「は」の不使用と過剰使用に関する一考察

本研究では、中国語を母語とする日本語学習者の提題助詞「は」の不使用と過剰使用について考察を行った。具体的には、まず誤用パターンと出現率を明らかにした上で、特によく見られる誤用パターンに注目し、メカニズムの考察を行った。その結果、不使用では人称代名詞の誤用パターンが最も多く、文体の違いに起因する「過剰般化」の可能性が考えられる。過剰使用では、時間名詞の誤用パターンが最も多く、無助詞(φ)に関する理解が不十分であることが一つの原因であると考えられる。

学会賞審査委員会委員長:杉村 泰先生(名古屋大学教授)