住吉 誠(すみよし まこと)  教授<M・D>

[ 編集者:大学院 言語コミュニケーション文化研究科       2019年3月14日   更新  ]

博士(文学)

研究内容

英語語法文法研究、辞書学、フレイジオロジーを専門としています。英語語法文法研究というのは、言語規範と言語実態のずれ、語やフレーズの成り立ちや使われ方、類語表現の差異や語の使い方の変化などを具体的な言語資料にもとづいて考察し、それらに「なぜそうなのか」という理由を与えていく研究です。フレイジオロジーでは複数の語の連鎖やパタンに注目します。そのような連鎖は規則性のみならず不規則性も持っています。英語の実際のデータを見ていると、さまざまな興味深い言語事実が発見できます。英語母語話者がこんな言い方はしないというような表現も、小説や映画などで使用されている場合があります。新しい用法や表現が次々に生まれています。なぜそのような言い方が可能になるのか、実証的考察を進めていきます。英語が変化・多様化する現代において、このような研究は日本人が外国語としての英語を理解するうえで土台となる基礎的な研究であり、辞書や文法書の内容を充実させていくうえで役に立ちます。