茨木 正志郎(いばらき せいしろう) 准教授<M>

[ 編集者:大学院 言語コミュニケーション文化研究科       2019年3月14日   更新  ]

博士(文学)

研究内容

専門は史的統語論です。生成文法という言語理論を用いて、英語を中心とする言語の歴史的変化の要因とメカニズムの解明を試みています。言語は時代とともに変化しますが、特に英語はその1500年の歴史の中で相当な変化を受けてきており、様々な興味深い現象が観察されます。このような現象に対して、コーパスを使ってデータを収集し、得られた結果より浮かび上がる言語事実と言語変化に対する説明を試みています。これまで名詞句内修飾要素の語順の変化、属格名詞句の-’sの起源、決定詞の出現等について研究してきました。最近は、名詞修飾形容詞の統語と意味の関係や後置属格の出現・発達をテーマに研究に取り組んでいます。