小笠原 亜衣(おがさわら あい) 教授<M>

[ 編集者:大学院 言語コミュニケーション文化研究科       2021年4月1日   更新  ]

博士(文学)・修士(文学)・文学士

研究内容

文学・芸術を通したモダニズム研究を行っています。特に writing(散文、批評、書く行為)と the visual(視覚芸術、視覚的なもの)の関係に焦点をあてて研究しています。米作家ヘミングウェイの散文がセザンヌ絵画・キュビズム絵画・同時代映画等に強い影響を受けたこと、背景に戦争や性の政治学等が関係していることをモダニズム前衛芸術の文脈で考察したのが出発点でした。現在は戦間期芸術を1930年代の政治的文脈で考察中です。