住 政二郎(すみ せいじろう) 准教授

[ 編集者:大学院 言語コミュニケーション文化研究科       2019年3月14日   更新  ]

博士(外国語教育学)

研究内容

広義には,人はどのように第二言語を学ぶのか,そして,そのプロセスに道具利用はどのように関係しているのか,という問いに関心を持っています。この広い関心を一旦は教育機関のコンテキストに戻し,外国語教育という営為の中で編み直したときに,テクノロジー利用は,どのように第二言語習得を支援することができるのか,という問いを研究のテーマにしています。こうした関心に根ざし,これまでLMSを利用した授業研究などに取り組んできました。最近では,テクノロジーの長所を活かし,項目反応理論を利用した適応型学習支援システムの開発と実践への応用,ダイナミック・アセスメントに関心を持ち取り組んでいます。研究においては,第二言語習得とテクノロジー利用の接点を丁寧に観察し,正しく測定を行い,データの発生メカニズムに目を向け分析および考察することを大切にしています。

HP : http://lang-tech.net