長谷川 哲子(はせがわ のりこ) 准教授<M>

[ 編集者:大学院 言語コミュニケーション文化研究科       2019年3月14日   更新  ]

修(言語・文化学)

研究内容

現在、研究の対象としているのは、外国語として日本語を学んでいる人の日本語ライティングです。特に、日本国内の大学で学ぶ留学生が大学生活で要求されるアカデミック・ジャパニーズに関して、ライティングに関するビリーフ(beliefs)を明らかにするための研究をしています。今後は、作文プロダクトに対する評価やライティングのプロフィシェンシー(proficiency)の観点からの研究も進めていきたいと考えています。また、様々なアカデミックスキルを向上させるためのアカデミックジャパニーズ教材の開発・作成にも取り組みたいと思います。