中野 陽子(なかの ようこ) 教授<M・D>

[ 編集者:大学院 言語コミュニケーション文化研究科       2019年3月14日   更新  ]

Ph.D.・M.Ed・M.A.・文学

研究内容

専門は心理言語学で、特に単語認知や文理解の仕組みについて研究しています。私たちは、無意識に、日本語を話したり、理解したりしています。最近の研究では、単語や文を読んで理解する過程には、何か一定の法則が働いていることが分かり始めています。私は、認知心理学的実験手法を用いながら、複数の形態素で構成されている語の認知に書記情報がどのように影響しているのか、目的語や動詞、修飾語のような文の構成素同士が、記憶容量の個人差、語順、文脈情報など、さまざまな要因の影響を受けながらどのように結びつけられるのかについて調査を行い、第一言語や第二言語の結果を比較しています。このような研究は、私たちが外国語を身につけるための大きなヒントになるのではないかと期待しています。