西村 正男(にしむら まさお) 教授<M・D>

[ 編集者:大学院 言語コミュニケーション文化研究科       2019年3月14日   更新  ]

博(文)・修(文)・文学

研究内容

中国近現代文学がもともとの専門で、中国の近代化=国民国家建設の言説として王西彦(1914-1999)という作家を中心とする文学テクストを読み解いてきました。最近では書物以外のメディア文化、特にレコード文化に関心を持ち、中国におけるレコード産業史を調べると同時に、レコードというメディアが中国の近代化において果たした役割を考察しています。また、中国文学や中国語圏の映画におけるスパイの形象についても資料を収集し、それが形を変えながら人々の関心を引きつけたメカニズムについて考察を進めています。その他、かつて新居格(1888-1951)という日本の知識人と中国との関わりについても論文を書いたことがあり、日中文化交流についても関心を持ち続けています。