2017.09.19.
ヨーロッパ地域における麻しん患者報告数の増加

 近年、ヨーロッパ地域において麻しん報告数の増加が確認されており、特にイタリアとルーマニアにおける報告数の増加が顕著であることがECDC(欧州疾病対策センター)から発表されました。麻しんにかかったことが明らかでない場合、麻しんの予防接種歴を母子手帳などで確認し、2回接種していない場合は予防接種を受けるようにしてください。また、麻しんの既往歴や予防接種歴が不明の場合は抗体検査を検討してください。

イタリア・ルーマニアを含むヨーロッパ地域で「麻しん(はしか)」の大規模な流行が起きています [ 510.52KB ]PDFリンク

厚労省HP:麻しんについて外部サイトへのリンク