2020.02.28.
発熱や呼吸器症状があって保健館を受診する場合

【発熱や呼吸器症状があって保健館を受診する場合】

■受診相談希望の旨、来訪前に電話でお知らせください。

  持病のある患者さんとの接触を極力減らすためですので、ご協力ください。

【一般的な注意】

■風邪や発熱などの軽い症状が出た場合は、

・無理をせずに自宅等に滞在してください。

・毎日、体温を測定して記録してください。

また、以下のいずれかに該当する方は、「帰国者・接触者相談センター」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

に電話で相談し、その指示に従ってください。

   ・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

  • ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

■なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談センターに電話で相談し、その指示に従ってください。

   ・高齢者、妊婦

   ・糖尿病、心不全、呼吸器疾患の基礎疾患がある方や透析を受けている方

   ・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

   ・新型コロナウイルス感染者であることが確定したものと濃厚接触歴があるもの

■本学では、以下の症状により授業等を欠席した場合は、「学校保健安全法第19条による出席停止」の扱いとなっています。

登校せずに所属学部・研究科に電話で連絡してください。

   ・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

・医療機関において新型コロナウイルスに感染していると診断される

■万が一、中国湖北省、浙江省、イラン、韓国の一部など、感染症危険レベル2以上の地域に渡航又は居住していたものと接触、

あるいは新型コロナウイルス感染症罹患者と接触し、後に発熱や呼吸器症状が出現した場合は、

登校せず、ただちに所属学部・研究科ならびに「帰国者・接触者相談センター」)に電話で連絡してください。

■発熱などで医療機関を受診する場合、渡航歴などを聞かれます。必ず正確に伝えるようにしてください。

感染症リスクの高い地域からの帰国後であれば医療機関受診前に電話で受診可能か否か問い合わせを

してから受診してください。渡航歴などの日時場所、行動歴のメモを作成してから受診しましょう。

■ご自身や周囲のために、咳エチケットや手洗いなどの感染症対策に努めてください。

(厚生労働省) 新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安  (PDF)