経済学トピックスJ(2017):生産性と日本経済 ゲストスピーカー講演

日時:
2018年05月28日(月) 00時00分 ~ 2018年06月04日(月) 00時00分
場所:
西宮上ケ原キャンパス B号館301教室

経済学トピックスJ(2017):生産性と日本経済 ゲストスピーカー講演

「経済学トピックスJ(2017)」では、生産性と日本経済について考えることを目的としています。現在、日本経済の最大の課題は労働生産性の向上です。この向上のためには、イノベーションが最重要であり、イノベーションとしてAI、ロボット、IOT、ビッグデータの役割が毎日のように新聞等に登場しています。日本におけるイノベーションの実態を学び将来を展望します。
5月28日(月)と6月4日(月)にゲストスピーカーが登場します。実際にどのようにイノベーションに取り組んでいるのかを学びます。

【日時】
5月28日(月)15時10分~16時40分
6月4日(月)15時10分~16時40分

【教室】
西宮上ケ原キャンパス B号館301教室

【その他】
一般参加可、事前申し込み不要、無料


【5月28日 山根太郎氏 株式会社サンワカンパニー 代表取締役社長】
テーマ「家業でイノベーション」
2008年伊藤忠商事株式会社に入社し、繊維カンパニーに配属、起きている時間のほとんどを仕事と英語に捧げる日々。2010年から2年間中国・上海に駐在。2014年亡き父が創業者であるサンワカンパニーの社員からオファーを受け、当社代表取締役社長に就任。アパレル業界から建築業界への転身となり、全くゼロからのスタートながら、学生時代と前職で得た経験を元に主にヨーロッパ、東南アジアでの海外展開および次の30年間に繋がる新規ビジネスに注力。こだわりの建築資材を幅広いラインナップで供給し、東京証券取引所マザーズに株式を上場。商品は国内外のグッドデザイン賞を多数受賞している。例えば、第57回「ミラノサローネ国際家具見本市」にて開催されたキッチンの見本市「エウロクチーナ」に出展し、最も優れた出展企業を表彰する第3回「ミラノサローネ国際家具見本市アワード」を受賞。同賞の受賞は日本企業初という快挙。経済学部2008年卒業。


【6月4日 筒井宣政氏 株式会社東海メディカルプロダクツ 会長】
テーマ「先端医療機器の開発に挑戦し続ける~日本三大疾病に挑む~」
亡き娘の願いを理念にのせて多くの命を救い続ける日本発イノベーションの会社を創る。樹脂加工会社の後継者としての道を歩み始めてから告げられた年商2倍の借金。柔道で鍛えた精神で返済に約70年でかかるといわれた負債を7年で完済。「愛するわが子の命を救いたい」という思いで医療器具メーカーに変え、長年培った樹脂加工の技術と一から学んだ医学知識が「絶対にできる」という自信に。利益の2割は採算度外視で命を救うために投資する。それも娘から学んだ姿勢だ。経済学部1962年卒業。

経済学部別タブリンク