講演会
【開催中止】「キリスト教と葬儀 -歴史と現代的課題-」

日時:
2020年03月06日(金) 14時00分 ~ 2020年03月06日(金) 15時30分
場所:
大阪梅田キャンパス 14階 1405教室

2019年度第5回梅田講演会

「キリスト教と葬儀 -歴史と現代的課題-」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、開催を中止とさせていただきます。(更新2020/2/27)

日本にフランシスコ・ザビエルがキリスト教を伝えて以来、キリスト教と葬儀との関係は重要なテーマでした。
400年以上前にキリスト者が急増した原因の一つにカトリック教会の葬儀・埋葬施策が挙げられます。
また江戸幕府の禁教政策や明治政府の対キリスト教政策も葬儀と深い関係をもっています。そのように、
葬儀は日本人の生活と魂にとって重要な役割を果たしてきました。ただ、最近の傾向では、家族葬、葬儀不要論
などが叫ばれる一方で、死別を経験した人へのケアが重要なテーマになっています。講演会では、キリスト教と
葬儀との関係を振り返りつつ、現代における葬儀、特にキリスト教葬儀の課題についてともに考えたいと思います。

■講 師: 中道 基夫 神学部 教授・学部長

■定 員: 80名(先着順)

■参加費: 無料(要申込)
      ※お申込方法等の詳細は、末尾のリンクよりご確認ください。

■お問い合わせ:大阪梅田キャンパス事務室(06-6485-5611)

大阪梅田キャンパスHP「梅田講演会」

3/6(金)梅田講演会チラシ