2022.01.08
2022年1月8日 祈りからはじまる新学期

3学期始業礼拝を全児童・教職員でまもりました。今年も新型コロナウイルス感染症予防のため、6年生のみがチャペルに入堂し、他学年は教室で映像と音声での放送礼拝を守ることになりました。 

礼拝で読まれた聖書の言葉は、初等部聖句と定めている新約聖書ルカによる福音書2章40節でした。 

「幼子はたくましく育ち、知恵に満ち、神の恵みに包まれていた」 

新しい年も、みんなが健康を支えられ、たくましく成長し、人として生きるために必要な知恵を与えられ、何よりも自分たちだけでなく、特に困難の中にある方々にとっても神様の恵みに包まれた年となるようにと祈りました。 

 6年生は卒業まであと2か月余り。初等部で過ごす時間もあとわずかです。6年生と共に礼拝をまもれるのはあと45回。その1回1回の礼拝を大切にまもっていきたいと思います。